林檎林

作りたい物を作りたいように作るさ~

2011 DORO OFF 展示会

2011年9月23日(祝)、DORO OFF EXHIBITIONという展示会に出品してきました。
人様のサークル展示で、ずうずうしくもテーブルの一角をお借りしての展示です。

IMGP3716nn.jpg

場所は浅草橋の「東商センター」。隅田川を挟んで両国国技館のちょうど反対側です。

IMGP3721nn.jpg

いわゆるSFもの、キャラもの中心でにぎにぎしく開催されました。
ぼくは、サンダーバード秘密基地、にせXウイング、アポロ、はやぶさたん、
の4つを持ち込んだんですが、自分のものを紹介するのもアレなんで、
他人様のばかりですが印象に残ったものをレポいたします。

IMGP3715nn.jpg

中心人物のどろぼうひげさんは徹底的に作り込んだSWメカで有名なんですが、
ぼくはこの「グーチョキパン屋」が大いに気に入りました。
こんな仕事をしてみたいと思えるのは、ぼくにはこのへんが限界っす。(´ー`)

IMGP3722nn.jpg

最近スケビでの連載も始まった架空飛行機工場さん。
スケールモデルを切った貼ったする手法は、ぼくの作風(笑)とカブるかもと、
勝手に宿命のライバル認定 させていただきました。(´∀`)

IMGP3730nn.jpg

ぴあにしもさんのミニジオラマ作品。
オルゴールを仕込むとか、工作としてもやってて楽しそうです。

IMGP3731nn.jpg

Grasserさんのスターデストロイヤー。いったいLEDいくつ使ってるんだろう?
本気を出してるSW者にはもう付いて行けません。(´∀`)


んで、どれもこれもスゴい作品ではあるんですが、
そのなかでもぼくが特に ありえへん世界 と思ったのは次の2つです。

IMGP3724_s.jpg 拡大

そらきおさんのフルスクラッチ「油屋」です。ミクロの手を持つ人です。
いったいどうやってこれらのパイプの長さ、太さ、曲がり具合を決め、
見合った材料を探し、どうやって取り付けてるのか、マジ想像がつきません。(´д`)
エッチングの手すりを曲げちゃわないで取り付けるだけでもぼくは尊敬します。

それからROKUGENさんのブロッケードランナー。

IMGP3733_S.jpg
拡大
これ、フルスクラッチですよ。造形、塗装、電飾、ありえへん世界でしょ?
ああもう、たかがスペースランチで四苦八苦してる自分が恥ずかしい。
負けた子 のこともちょっとは考えましょう、そんなユトリな事を思ったりして。


てことで、ごく一部ですが、DORO OFF EXHIBITIONのレポでした~

apple02.jpg


PageTop

JMC2011+合同クラブ展

今年もJMC2011東京 合同クラブ展に出品してきました。( ´ ▽ ` )ノ


JMCというのはハセガワ模型が主催する模型コンテストでありまして、
その会場の半分が提供され、近隣の模型サークル展示をするのが合同クラブ展。
ばくはさらにその一角、ブログモデラーズのテーブルで
コバンザメ のように1品を展示してきたのでありました。

IMGP3964nn.jpg

出品したのは、そろそろ過去作品になってきたサンダーバード秘密基地。
会場の99%を占めるスケールモデルの中にあってヘンに目立ってました。
電動メカのスイッチを お触り自由 にしたため、ときおり会場で響く作動音。
遊んでもらってヨカッタヨカッタ(´∀`)


会場はコンテスト入賞作品はもちろん、ハイクオリティな作品でいっぱいです。
バランスのとれた会場レポはどこかでどなたかがやってると思いますので、
個人的な印象でちょこっとレポいたします。

IMGP3948nn.jpg

これがJMC大賞の一つ、たまごひこーきを使った仙台空港ジオラマです。
空港ビルはスクラッチ、ひこーきの仕上がりもキレイ。それに今年度を象徴する大震災。
なんか不謹慎なのか?って気もするけど、いやそれは邪推か?とも思ったり。

IMGP3953nn.jpgIMGP3956nn.jpg

ナントカ賞をとっていた2品。
金蒔絵風のゼロ。どういう技法か、絵柄の部分が盛り上がっています。
ブルーエンジェルスのFA18はいつか作ってみたいなあ。

IMGP3960nn.jpgIMGP3963nn.jpg

これもナントカ賞の、旅客機仕様の97式飛行艇。
海面作るなら珊瑚礁を入れればいいのに、とか思ったけど、自分でやれって話ですね。
右は旅客機モデラー和田拓氏のDC-6。塗装とデカールがオリジナル。さすがです。
このぐらいの技術レベルに一歩でも近付きたいものだなあ。


てなわけで、大雨にもかかわらず展示会どっぷりの二日間でありました。
いろいろな方に声かけていただいて、ぼくはだいぶキョドってました。(´∀`;)
テーブルの手配をはじめ、懇親会まで仕切っていただいたブログモデラーズのみなさま
ありがとうございました。


apple02.jpg


PageTop

静岡ホビーショー2012

IMGP5163nn.jpg

初めて「静岡ホビーショー」に行ってきました。
いや~この人と作品の多さはんぱないわ。
2日間、模型漬けでお腹いっぱい。

いつもお世話になっているブログモデラーズさんのテーブルの一角、
というか ずうずうしい大面積 をお借りして、
出来たばっかりのコンコルドを展示させていただきました。(矢印)

apple02.jpg

つづく

PageTop

静岡ホビーショー2012レポ

IMGP5192nn.jpg

というわけで、いちおう無事にコンコルドで参加することができました。
この機会がなければ、たぶんまだ ウジウジと 制作してたに違いありません。
世の中は「締切」ってもんがあるから進んで行くんですね。

ぼくは都合で土曜日の15:00ぐらいに会場入りしたんですが、
すでにきちんと展示されていた他のモデラーさんに少しずつ詰めていただいて、
デカ物を展示させていただくという、滝汗モンのずうずうしさでした。
そもそも展示台の設置自体何も手伝ってないし。(´∀`;)
ブログモデラーズの皆様本当にありがとうございました。


それで会場レポ。
月並みな感想ですが、やはりその膨大な作品群に圧倒されっぱなしです。
作品が多過ぎて、写真を撮るだけでもキリがありません。
あの超絶モデラーさんもこの達人モデラーさんも、あのサークルもこのサークルも、
大げさに言えば、日本の模型の全てがここにある、って感じ?

IMGP5181nn.jpg

たまごひこーきだってこのビッシリさ。

IMGP5189nn.jpg

ヤマト関係のサークルはもう大艦隊(写真ごく一部)。

IMGP5168nn.jpg

1/144の飛行機だって航空ショーみたいです。
何でもテーマを決めて集積されるとすごいパワーを発揮するんですね~。
あの宮崎メカ模型クラブとか、女子供さんにも超人気で、
ぼくは密かにウラヤマしい情念をメラメラと燃やしておりました。(´∀`)

そして静岡ホビーショーは、お祭りとしてもとっても充実してたと思います。

IMGP5161nn.jpg 自衛隊も軽くPRしてるし

IMGP5171nn.jpg ラジコンもあるし

IMGP5202nn.jpg ブラバンも出てるし

IMGP5194nn.jpg 未来のモデラーさんも育ってるし

というわけで、全体の1%も紹介できてませんが静岡レポでした。
見た作品、ブログモデラーズの皆さん、お会いした方々について、
書きたい事は山ほどあるんですが今回はこのへんで。
来年も行きたいなあ。

apple02.jpg


PageTop

特撮博物館

猛暑の中、家でプラモもいいけど、たまには文化的なこともしようと思い立ち、
特撮博物館—ミニチュアで見る昭和平成の技」に行ってきました。(´ー`)
場所は東京都現代美術館(MOT)です。
ぼくはてっきり上野だと思い込んでいたんですが、実は清澄白河という駅でした。


KC3S0039nn.jpg

いつもの模型展示会(アマチュアの)なら、何がありましたカニがありましたと
写真で報告できるんですが、こういう美術展ではそれができません。
上の写真は撮影OKゾーンで、セットの中に入って写真の撮りっこもできます。
でもぼくは独りだったんで、誰かと行けば怪獣ごっこがやれたのになあと
めっちゃ後悔しました。観光地の「顔出し」とか大好きなんです。

で、展示内容は、捨てられずに保存されていた昔の特撮プロップたちです。
ゴジラ、ガメラ、ウルトラシリーズ、あるいはもっとマイナーな特撮映画と、
日本の特撮の歴史をなぞることができます。

会場には若い人がかなり多かったんですが、彼らに昭和特撮はどう見えたんでしょうね?
昔のメカデザインて、あえて言いましょう、ほんとに チャチい じゃないですか。
プロップの仕上げも大雑把だし、デザイン画もパースが狂ってたりします。
でも会場には「日本の特撮はスバラシイ」って感想以外許されない空気がムンムン。
そんな感想を会場でうっかり語ったらボコられそうです。
ああ独りで良かった。(´∀`;)


さて、美術館へ出かけたときのお楽しみ、オミヤゲ品です。

IMGP5954nn.jpg

ガメラ手ぬぐい、注染(ちゅうせん)という本格的な技法で作られてるそうです。
その下はスカイドンのペーパーウェイト。
スカイドンでウェイトってところが しゃれてる じゃないですか。
他にも、アントラーの磁石式クリップホルダーとか、バルタン星人のメモ挟みとか。

それから、来場者がみんな買ってた巨神兵のフィギア。キモいです。
しかも開けてみたら、思ったより大きい・・・家で飾ったらドン引きされそうです。
誰かもらってくれません?

apple003.jpg


PageTop

「どろおふ」2012 <前編>

どろおふ」に行ってきました。( ´ ▽ ` )ノ
どんな展示会かは、もはやぼくが改めて説明する必要はありませんね。
おそらく日本のキャラモの最高峰のひとつと言っても過言ではないでしょう。
去年はぼくもTB秘密基地を出品させてもらったりしたんですが、今年は見学のみです。

展示内容は、各超絶モデラーさんの代表作+最新作という感じです。
代表作のほうはここで改めてご報告するまでもないので、
ぼくなりに初めて見たもの、気になったものをどんどんレポいたしましょう。


IMGP5986nn.jpg

Char氏の1/15デロリアン、フィギアはぴあにしも氏。
近年の電飾の充実・進化ぶりはすごいですね。
ぼくがコニーを電飾してたころは、まだ少しは珍しかったのに・・・(o_ _)o
どろぼうひげ氏のアレもすごいけど、これもマイコン制御で自動点滅を実現しています。
これはもう世界中でも究極のデロリアン模型じゃないでしょうか?

思うに、ぼくのやるような、単に点いてるだけの電飾は 塗装の一種 ですが、
点滅が入ってるのは「アクション」の一種で、もはやジャンルが違いますよね。
この技術格差は死んでも埋められんわ〜(´∀`)

IMGP6024nn.jpg

MACK氏の1/24Xウィング。
このデカぶつを短期間のすごい集中力で完成させられました。
ぼくはブログで見てて、間に合わないんじゃって正直思ってました。失礼m(__)m
エンジン内部のディテールや、コクピットの光ファイバー電飾がすごいです。

IMGP6010nn.jpg

カフN氏の「小森ちゃん」。
人体というとらえどころのない形をキレイに造形するのってすごいなあ、と
最近フィギアを作ってる身として強く思います。
タライや畳やパッケージも抜かりなし、というかサービス精神を見習うべきですね。

IMGP6008nn.jpg

伊原源蔵氏のフルスクラッチのコルベット。スケールアヴィエーション誌で見ました。
いいなあ、こういうのが作れるようになりたいなあ。

IMGP6009nn.jpg

荒川氏の撤退するジオン兵とそれを支援するドムのジオラマ。
尽きないアイデアと徹底作り込みが果てしないっす。
ぼくは、1/100ガンプラに1/72フィギアでも違和感なく合うんだ・・・と
余計なことを考えてました。


さて、会場で目に付いたのは、これって世界初?的なギミック類です。

apple02.jpg

<後編>につづく


PageTop

「どろおふ」2012 <後編>

引き続き「どろおふ」の報告です。
はい、他人の褌 で相撲を取るずうずうしいブログです。
いち見学者のぼくは(自分の技量を棚に上げ)少々の電飾ぐらいでは驚かないんですが、
この展示会では「これ見たことなくね?」って言う新技術もいろいろ発見できました。


というわけで、ご覧ください。( ´ ▽ ` )ノ

IMGP6007nn.jpg

新技術その1、「ケムを出す」
フクイ氏のAT-ATです。
クラッシュ場面てことで、首のあたりから煙(水蒸気)を漂わせています。
残念ながら写真では全く写りませんので、線画で補足させていただきました。(´∀`)
煙の表現は、ふつう綿とかで作るっていう常識を覆してるのが画期的ですね。
ぼくもつねづね、アフターバーナーの炎を模型化できないもんかと夢想してます。

IMGP6011nn.jpgIMGP5992nn.jpg

新技術その2、「遠近法」
ケムの後は、ぱさーじゅ氏のケムール人です。
まあ遠近法を組み込んだジオラマやシャドウボックスは古典的かもしれませんが、
こんなコンパクトなサイズでもじゅうぶん効果的なんだなあと思いました。
ていうか、題材と技術が実に上手いことマッチしてます。
普通のジオラマで作ったらぜんぜん面白くなかったかもしれません。

IMGP6015nn.jpgIMGP6019nn.jpg

新技術その3、「ホントに浮いてる」
ピコ氏のランドスピーダー。
一見すると支柱の上でクルクル回ってるだけに見えたんですが、横から見てビックリ。
フォースの力、いや磁気浮上装置によってほんとに浮いているのです。
なんともイメージどおりの良い浮き具合じゃありませんか。

IMGP6001nn.jpg

新技術その4、「金をとる」
最後は、本イベントの中心人物であるどろぼうひげ氏のダンボーです。
ダンボーがダンスし、光り、しゃべります。それだけでも相当なもんなんですが、
普通はスイッチを取り付けるだけで済ませちゃうところを、
コインを入れるっていうアクションに置き換えたところが面白いなあと。
(コインはすぐリターンされてきます)


ここまで、新技術新技術って連呼してきましたが、考えたら別に新技術じゃないですね。
加湿器、遠近法、磁気浮上、コインスイッチ、どれも既存ちゃ既存のものです。
だけど題材と組み合わせるアイデアが素晴らしい。
つまり、ここであげさせてもらった作品が面白いのは、
新技術じゃなくて面白くしようっていうセンスの問題みたいです。

電飾はマイコン制御まで登場してもう究極まで来ちゃったみたいですけど、
まだまだ「新技術」のネタはどこかに埋まってるに違いありません。
ぼくも何か面白いこと思いつかないかな。うーんうーん。

apple02.jpg


PageTop

2012秋 2ちゃんねらー模型板展示会

先日の日曜日、台風接近の中、「2ちゃんねらー模型板展示会」に参加してきました。
この展示会は、確か2008年秋から半年ごとにやってるんで、なんともう第9回ですか。
場所はいつもの下北沢「北沢タウンホール」です。

この展示会、いちおう「展示会」というタテマエですが、実態はほぼオフ会です。
いちおう出品見学ともに自由なんだけど、告知宣伝とかほとんどしてないし。
なのでほとんどの人は顔見知りで、「や、どーも」「どーもどーも」ってやってます。
それでは、この 秘密結社 をコソーリご紹介しましょう。

IMGP6046nn.jpgIMGP6048nn.jpg

ぼくの持っていったのはコンコルド。大きさだけは目立ってます。
デカ物限定の展示会とかあったら面白いかなあと妄想しておりました。

IMGP6047nn.jpgIMGP6050nn.jpg

左 もきち氏の飛行機群。なんと36機。
気になったのは宮崎駿の雑想ノートに出てくるようなマイナー機たち。
大戦間ごろの飛行機って独特な味わいがあって萌えますね〜(´∀`)
右 DF1605T氏のパール塗装がひじょうにキレイな痛戦闘機。
痛戦闘機はぼくもなかなか興味あるんですが、アイマスに全く興味ないし、
いまひとつノリきれない、ずっと 保留にしてる テーマです。

IMGP6056nn.jpgIMGP6052nn.jpg

左 ああ、やっぱりぼくと同じことを考えてる人いるんだ。
ましねらがじめ氏のAGEの敵っぽいやつ(まるで知識なし)のウルトラ化。
ポーズの自由度はさすが新キットです。
右 hayashou氏のすごい力作ダンボースクラッチ。
今季、さすがにダンボーネタ多く見かけますが、ぼくはこれも保留中。
新しいものへの好奇心が不足してるんだろうか?

IMGP6057nn.jpgIMGP6058nn.jpg

ましねらがじめ氏の、ヤマトの上半分と下半分で2作品にしたもの。
目からウロコのグッドアイデアです。エコだし

IMGP6061nn.jpgIMGP6067nn.jpg

左 お名前確認忘れ、しかも戦車の名前も知識なし、スミマセン。
これが名前だけ聞いたことある「カラーモジュレーション」の技法だそうです。
確かに質感重量感があってとってもイイ感じなんだけど、
ぼくには普通の塗りと比較してもらわないとよく分からなかったり。(´∀`;)
右 JESUS氏のワンピースキャラ。あの独特の絵をよく立体化できるもんです。

IMGP6059nn.jpgIMGP6065nn.jpg

最後はいわゆる2MC(2ちゃんねらー模型コンペ)組。
左 島山氏のバストール。すごいキレイなメタリックピンクです。
クルマ用のカンスプレーとのことですが、器用だなあ。
右 843氏のおっぱいおっぱい。
レジンに着色することとか教えてもらいました。

とまあ、台風接近で短い時間でしたが返ってダレることもなく、色々談義ができました。
昨今は色々なSNSが出来て、2ちゃんねらー関係はだいぶ拡散しちゃってますが、
やっぱり2ちゃんねるならではの面白さってあると思うんですね。
最近出品が減ってる2MCもこのまま衰退させるのはあまりにももったいない。
次の2MCには、微力ながらとりあえず出品しようと 決意 しました。

apple02.jpg


PageTop

JMC2012+合同クラブ展

「JMC2012展示会+合同クラブ展」に今年も参加してきました。
いつもお世話になってる「blog modelses」のテーブルの片隅に、
スペースランチを出品させてもらいました。(´ー`)


IMGP0256mm.jpg

びしっと粒ぞろいのスピットファイアと零戦が、昆虫採集みたいに並んでます。
本来はハセガワ製品以外シャットアウトでもおかしくないと思うんですが、
寛大にも「クラブ展示」の名目で他メーカーのもOKになってます。
でも、さすがにガンプラ系を持ち込んだ人は広い会場でもぼくだけみたい。(´∀`;)
スペースランチは、そんな アウェー な空気の中での展示になりました。

まあそれはいいんですが、やっぱり会場はスケールモデルが9割方です。
それもJMC入賞作品をはじめとしてレベルが高い!

IMGP0244mm.jpg
IMGP0252mm.jpg
IMGP0261mm.jpg

もうね、鬼ウマ!くそウマ!ゲロウマ!
とくに飛行機ものはキャノピー綺麗。スジ彫りも綺麗。何もかも綺麗。
スケールモデルの王道を極めた作品群がすごすぎて、逆に不感症になりそうでした。
そんで、ぼくが呆れて倒れそうになったのは、スーパーマスターズ金賞の豪華客船です。

IMGP0240mm.jpg
IMGP0236mm.jpg
IMGP0237mm.jpg

もう何がなんだか分かりません。(・∀・;)
以前シルク・ド・ソレイユ(サーカス団ね)のキャッチコピーで、
「人間にはこんなことができる」ってのがありましたけど、そんな驚きでした。

でもたまに居るんですよね、
自宅にスモールライトを持ってるんじゃないか、いや制作中は身長が縮むんだ、
と噂されるような、ミクロの世界を自在に創る 神の手 を持ってる人が。
ちなみにぼくのは、自他ともに認めるカメの手です。

apple003.jpg


PageTop

静岡ホビーショー2013

IMGP0991mm.jpg

静岡ホビーショーに行ってきました。ヽ(´▽`)ノ
去年はコンコルドの巨大な梱包をクルマに積んで行ったんですが、
今年はスペースランチの20cm角ぐらいの梱包を持って新幹線移動。
超ラクチン です。


IMG_0158mm.jpg

いや〜今年も見渡す限り模型の海!(・∀・)
会場は去年と同じような配置で、全体に人出はちょっと多い気がしました。
ぼくのスペースランチも、ブログモデラーズさんのテーブルをお借りして、
ウォーリーを探せ状態で展示できました。
ブログモデラーズのみなさま展示おつかれさまでした!

IMG_0146mm.jpg

土曜のお昼は駅ビルのラーメン屋「驛麺通り」の「ぶっかけ冷しネギそば」。(゚д゚)ウマー

IMG_0159mm.jpg

日曜のお昼は、屋台で売ってる「まぐろバーガー」¥500。(゚д゚)ウマー

IMGP1004mm.jpg

おやつも屋台の「コルネット」。パンはほかほかの揚げパン。(゚д゚)ウマー
実は静岡って食べ物が美味い?って思った2日間でした。
あれ模型の話は?


IMGP1018mm.jpg

ああそうそう、帰りに、あの1/1戦車を搬出してるのを目撃。
たいへんだわこりゃ。コンコルドの比じゃないわと。

apple02.jpg


PageTop