林檎林

作りたい物を作りたいように作るさ~

スペースランチ(11)ウインドウ

模型制作でいつまでたってもイヤーな気分になる作業ってありますよね。
シリコーンでの型取り&レジン複製と並んでヒートプレスもその一つ。(´д`)
そもそも普通のキットでも透明パーツの扱いには神経使います。

スペースランチのフロントウインドウはひじょうに大きくて目立ちますが、
幸いにしてフロントウインドウ以外の客室の窓は全くの平面なので、
これさえ上手く攻略できれば を一つクリアできます。



てことで、透明塩ビのヒートプレスで作っていきました。

IMGP3408nn.jpg

参考書のお手本どおり、バルサ材を削って型を作ります。
写真は、ウインドウにケント紙を貼って様子を見ているところです。

今回、外側を先に作っちゃったので、中の形状は正確に把握しにくくなってます。
ノギスも上手く入らず、しかも三次元の曲面です。
しょうがないんで左右幅だけノギスで計り、あとは現物合わせで削っていきました。
なんかこう、粘土みたいなものを詰めて外して型にする、
みたいなこと出来ないかなあと思いましたが、それは空想。(´ー`)

IMGP3422nn.jpg

それでも形状がボクシィなおかげもあって、ほぼ嵌まる形が出来ました。
ひょっとしたら、ウインドウを先に作りボディを後から制作したら
寸法取りとか工作の効率が良いかもしれません。
これからスペースランチを作ろうと思う方はご参考まで。いないか。

IMGP3412nn.jpg

で、ヒートプレス。
写真はとりあえず1mm塩ビ板でやって失敗したところです。(´∀`)
手持ちの1mm塩ビ板がこれしかなかったので0.5mmのに変更して再挑戦。

IMGP3417nn.jpg

てことで、1mmのと0.5mmのを1回づつ失敗し、3度目の正直で成功しました。
若干ボディ側との隙間が無いこともないんですが、まあヨシとします。

それにしても、こんなデカい曲面ウインドウを 1枚板 で作るって、
宇宙世紀とはいえ強度的に不安はないんでしょうか?
いちおう観光船じゃなくて軍用なんだからさ。
ロマンスカーやパノラマカーにこの技術を分けてあげたい。


apple02.jpg


PageTop

スペースランチ(12)シート

乗員と乗客用のシートは、出来合いの物が無いかいろいろ考えたんですが、
1/48というスケールがジャマしてどうも適当なものがありません。
ガンプラに1/48は無いし、現代の旅客機もそうだし、
軍用車のは単なる板だったりするし、レジンパーツはパイロット用しか無いし、高いし。
やっぱり猛暑の中あちこち探すより自分で作った方が楽だろうって結論に至りました。
てことで久しぶりに、苦手な型取り&複製作業ケテーイです。(´д`)



IMGP3434nn.jpgIMGP3443nn_2.jpg

原型はプラ板細工で作っていきました。
たとえば2001年宇宙の旅のエアリーズ号はすごくゴージャスなシートですが、
ここは軍用らしく、なるべく簡素なデザインがいいかと思いました。
型抜きもしやすいし。(´∀`)

スペースランチの場合、飛んでいるのは基本的にゼロG環境なので、
実はクッションなんてほとんど要らないのかもしれません。
でも多少はクッションを柔らかそうにしないと シートに見えない ので、
座布団、背もたれ、枕はカド丸にしてやりました。



で、シリコーン型取りに2日、そしてじみ~に流し込み作業をやっていきました。(´ー`)

IMGP3436nn.jpg

流し込んだのは、明らかな失敗も含め13個です。
1個あたり20分として4時間20分か・・・何か1日中やってた気がするが・・・
硬化待ちの時間て、他に何もできない中途半端な時間なんだよな~

実はこの時点で何個必要なのか、つまり何人乗りなのか分かっていませんでした。
出来たシートを並べてみて数を決めようと思ったのです。

IMGP3445nn.jpg

で、並べてみました。
シートが小振りなせいもあって、思ったより多い9人乗りでまだ余裕があります。
詰めればもっと乗れそうですが、シートだらけ で模型的にヘンになりそうなので
このぐらいが適当じゃないでしょうか。
隔壁のあたりに多少のゴチャメカを足す必要がありそうですね。


apple02.jpg

つづく

PageTop

スペースランチ(13)操縦席

操縦席の制作に取りかかりました。(´ー`)




スペースランチの操縦席に関しては、資料はこれ↓しかありません。

IMGP2971nn.jpg

なんだかとってもシンプルそうです。
シートらしき物も見あたりません。立って運転するんでしょうか?

いやマジで、スペースランチの操縦装置って超シンプルなのかもと思いました。
基本的には上下左右に動けばいいし、武装もなく俊敏な動きも必要もありません。
基本的な動きはコンピュータがやってくれる はずで、
おそらく航法的なことや離着陸も大部分自動化されていると思います。

そういえばホワイトベースですら、ミライさんは 舵輪 で操縦してましたよね。
うん、今どきスイッチやメーターがびっしりって、ちょっとダサい気がしてきました。
問題は、それで雰囲気が出るか、テヌキに見えないか、ってことで・・・


IMGP3450nn.jpg

でまあ、いつものようにプラ板細工で作っていきました。
左右のコンソールボックス、どこかで見たようなカタチだと思ったら、
期せずして自動改札そっくりになってました。(´∀`)

IMGP3459nn.jpg

で、飾りにみじん切りにした0.25mmプラ板をぺたぺた貼付け、
ニトリの学習机、いや操縦席の土台が出来ました。

スイマセン、別にそんなに忙しいわけじゃないのにこれしか進んでません。
言い訳ですが、こういうディテール作業になればなるほど工作精度がシビアで、
自分的にがんばったつもりでも、ほんのちょっとしか変わってなかったりするのです。
てことで、操縦席制作の巻、Bパートへ。


apple003.jpg

つづく

PageTop

スペースランチ(14)操縦席2

スペースランチの操縦装置はシンプルに、と書いた 舌の根も乾かぬ うちに、
ディテールを追加していったらやっぱりゴチャコチャしちゃいました。(´∀`)



学習机ちっくだったベースに、
Hアイズを貼り付けたり0.5mmプラ棒を植えたりしてスイッチ類にしました。
いちおうフットペダルも無いと寂しいんでプラ板で作りました。

IMGP3510nn.jpg

右にあるのは大型液晶ディスプレー。1台あれば充分でしょう。
まるで サムソン製 のTVみたいですが、これ以外の形が想像できません。
ちょっと前なら間違いなくCRT(ブラウン管)風に造形してたと思います。
あと何十年か後の人がこのモデルを見る機会があったとして、
「当時は液晶TVが想像の限界だったんだろーね」と思われるに違いありません。

んで、現代には無いテクノロジーっぽいのも付けとこうかなと思い、
左にあるのは「2011年の人が考えた3Dディスプレー」です。
キーボードも要るかと思ったんですが、学習机に戻っちゃうおそれがあるんでやめ。
文字入力はきっとタッチスクリーン、あるいはもっと全然違うインターフェースかな?


そしてメインとなる操縦装置は、ワンマン運転 に最適なアレにしてみました。

IMGP3491nn.jpg

はい、PSコントローラーです。(´∀`)
そういえば近年のF1のステアリングもこれに近付いてますよね。
1mmプラ板を削り出し、グリグリの所は0.5mmプラ棒の植え込みです。
エンピツの芯を材料に彫刻作品を作る人がいるようですが、そんな気分の作業です。



てことで、出来上がったパーツを本体に組み込むとこんな感じです。

IMGP3495nn.jpg

こういうチマチマ細工って実は大好きなんですが、
こればっかりやってるといつまでも完成しないんでホドホドにしまつ。(´ー`)
SWメカみたいな ゴッチャゴチャ感 も憧れるんですが、
ガンダムもののインテリアって割とスッキリ系だと思うんですよね。


apple02.jpg

つづく

PageTop

スペースランチ(15)隔壁

機内スペースは思ったより余裕があるようだったので
内装に多少のメカっぽいものを詰めていきました。
スペースが空いてると物足りないって ビンボー症 かしらん?(´ー`)



IMGP3499nn.jpg

隔壁に多少のパネルラインを彫った後、
色々な厚さのプラ板を適宜貼付け、一部にジャンクパーツも使ってみました。
ぼくは普段の制作ではなるべく余りを出さないようにしてるんで、
ジャンクパーツはプラモの箱一つ分ぐらいしかありません。

余談ですが、以前あるオフ会で積みプラの数の話になったとき、
ぼくは たぶん一ケタ と言ったら、そうとう驚かれた覚えがあります。
これもやっぱりビンボー症のなせる技かもしれません。(´∀`)

IMGP3504nn.jpg

反対側にも機能は良くわからない凹凸を付けていきました。
いわゆるゴチャメカには精密感のある艦船モデルのパーツが多用されるようですが、
ぼくは艦船を全く作らないんでガンプラのパーツです。確かBALLだったかなあ。

んで、コクピットのエッジにはクッションに見立てて半円のプラ棒をぐるっと接着。
また、床面もノッペラボーじゃアレなんで、多少のスジ彫りをしました。
現代の旅客機にもあるシートの取り付けレールのつもりです。


てことで、現状の内装のパーツを並べてみるとこんな感じです。
とりあえずサフを吹いてみました。

IMGP3515nn.jpg

考えてみると、ホントは隔壁なんか要らないのかな~とも思います。
がらーんとした外殻と操縦装置だけで、あとはレイアウトフリー。
ほとんど 乗り合いバス みたいな内装が正しいんじゃないでしょうか?


apple02.jpg

つづく


PageTop

スペースランチ(16)底面

内装関係がだいたい出来たので、
やっと底面のプラ板を貼ることができました。ヽ(´▽`)ノ



settei357_kamen.jpg

設定画では、底面は4基のスラスタが付いている以外全くのツルツルです。
そういうのもまたいいんですが、多少の凸凹を付けてやろうと思いました。
ちょうどクルマみたいに、ボディはツルツル、シャーシはゴツゴツな感じです。

BTTF_kamen.jpg

以前バック・トゥ・ザ・フューチャーのデロリアンを作ったことがありますが、
そこまで彫りが深くはないけど まあそんなイメージ でいこうかと。
アオシマのこのキット、なかなか名作だと思うんですがいかがでしょう。
今デロリアンをマジに作ったら電飾ビカビカにしないといけないかしら?(´ー`)

IMGP3523nn.jpg

てことで、スラスタ周囲には耐熱強度を考慮して1mmプラ板、
センター部分は0.5mmプラ板の 凸凹板 を切り出していきました。

IMGP3533nn.jpg

そしてボディ本体の底面にもスジ彫りをほどこしておき、凸凹板を貼付けました。
単純ですが、いわゆる情報量 を増やせたと思います。

でもこれがキットだとしたら、これがベースというか最低限の作りですね。
塗装にもよるけど、もっともっとディテールアップしたくなる所かも・・・
何かパイプ的なものとかエアインテーク的なものとか付けるかなあ。
でも、全体にまだ手付かずなパーツもあるし、それらが一通り出来たらかなあ。
てなこと言ってると結局忘れちゃうんだぜ。


apple003.jpg

つづく


PageTop

スペースランチ(17)電飾

猛暑の盆休み、今年は妙に高校野球が面白くって、
縁もゆかりもない県の試合までダラダラ観て過ごしてます。( ´ ▽ ` )ノ
もしドラの影響か?いや実際、8-7とかサヨナラゲームとか面白い試合が多いのです。
それにしても野球のユニフォームって、着たことないけど恐ろしく暑そうです。
テニスやサッカーみたいに半袖短パンじゃダメなんでしょうかね?

そんなわけでスペースランチの進捗速度はますます低下してるんですが、
完成を慌てず急がず、やっぱり電飾 もやっておこうと思いました。



アニメ絵では、室内からの光はグリーンに描かれているようですが、
ばくは客室は電球色のLED、コクピットは白色でやってみようと思います。
実は手持ち在庫のLEDの都合なんですが、暑くて買物に行く気力が出ない・・・orz

IMGP3543nn.jpg

2個のLEDの間にCRD(定電流ダイオード)を挟んでハンダ付けしたものを、
客室用とコクピット用、合計3セット作りました。
CRDを間に挟んだのは少々 ヘンタイ的 ですが、左右対称にするためです。

IMGP3539nn.jpg

ブルー矢印の、マスキングテープを巻いてあるのがLEDです。
ホットメルトで天井に直にがっちがちに接着しちゃいました。
後で内部全体をブラックでまんべんなく遮光します。
なお、ピンク矢印は機首 オデコ部分 にあるスラスタの裏です。
ガンプラのサザビーを作ったときに余ったスラスタパーツを利用しました。

IMGP3551nn.jpgIMGP3558nn.jpg

客室用は、照明ボックスを作り、後で取り付けられる仕組みにしました。
内側はシルバー、裏はブラックで塗装し、LEDを取り付けました。
裏側でLEDの足を並列つなぎにハンダ付けしてあります。
照明カバーは透明塩ビ板を紙ヤスリで半透明に加工しました。


てことで、本体に組み込んで点灯試験をするとこんな感じです。( ´ ▽ ` )ノ

IMGP3568nn.jpg

とりあえず無事に光ってよかったよかった。
いちおうLEDの色の差は出てますが、白色のほうがちょっと明る過ぎるかな?
まあこのへんは内装色の影響もあるんで、これから印象が変わるかも。


apple02.jpg

つづく


PageTop

スペースランチ(18)エアインテーク

じみーに進捗報告です。(´ー`)



本体とは別途作ってあったエアインテーク(ラジエーター?)を取付けました。
内装がある程度出来たんで、やっと合体出来ます。

IMGP3573nn.jpg

隙間がばっちり開いてたんで、黒い瞬着を こってこて に塗って隙間消しです。
やっと合体出来たんで、やっとスジ彫りや表面処理を始めました。
ボディのカド丸になる部分もやっと削り出せるようになりました。(´∀`)

前にも書きましたけど、何で空気を取り入れなきゃいかんのかナゾのままです。
それと、ここには横向きの小さなスラスタが付くんで、
中にはエンジンもあるはずです。えらいコンパクトなエンジンですね。

これホントにエアインテークなんだろうかという疑問もよぎりますが、
空気を吸い込んだら、どこかから出さなければ いけません。
そこで、いちおうエアアウトレットを付けておこうと思いました。

IMGP3577nn.jpg

材料は「クラップボード」というプラ板です。建築で言うところの「下見張り」ですね。
これを適宜カットし、1mm×0.5mmのプラ棒で枠を付けました。

IMGP3586nn.jpg

んで、全体サフを吹くとこんな感じです。
エアアウトレットを貼り、サイドスラスタの基部になる所にもプラ板を貼りました。
なんだかエアコンの室外機みたいになってきたぞ。(´∀`)
まあこれらはディテールアップの足しにもなるし、もう一つの狙い、
隙間消しの手間を ちょっとでも楽しよう という目論見も大成功です。


apple02.jpg

つづく

PageTop

スペースランチ(19)スジ彫り

前回からぜんぜん 絵変わり しちょりません。
ちょっと実家に帰る用があって2~3日全く触れなかったのもあるけど、
それにしても、毎日毎日スジ彫り&ヤスリがけ&サフ吹きの日々。
ああ、この作業から解放されるのはいつ?(´∀`)


IMGP3589nn.jpg

職人の、日々繰り返す心のこもった技で、また一つ名品が生まれる・・・
って、そんなイイもんじゃないおwww
いや、気分だけはそんな気分で


apple003.jpg

つづく

PageTop

スペースランチ(20)ドア

だんだん未着手のパーツが少なくなってきました。
まだ作ってないパーツがあるんかい、とも言いますが。(´ー`)



穴だけ開けっ放しだったドアを作りました。

IMGP3594nn.jpgIMGP3624nn.jpg

材料も工程も、何も特別なことはありません。ごく普通にプラ板とプラ棒です。
当初は 生意気にも 可動にしようかと目論んでたんですが、
ぼくにはムリめな精密工作が必要になるうえ、天井の照明ユニットに干渉するのでヤメ。
0.6mmのピンバイスでドア側とボディ側に穴を開け、
0.5mmのシンチュウ線を差し込んで、オープン固定状態としました。

余談ですが、あなたのピンバイスは調子いいですか?
ぼくは10何年前に買ったタミヤのやつをずーっと浮気せず使ってますが、
これが細い径になればなるほどチャックが滑るんですわ。
ちょっと押さえると、ドリル刃が ズボッと 入り込んじゃったりして。
穴空けがたくさんある場合など、ひじょうにストレスが溜まります。

これは故障あるいは劣化なのか?それともタミヤの商品がアレなのか?
もし「◯◯製こそピンバイス界のメルセデス」てのをご存知でしたら
ご教授いただけると幸いです。m(__)m


とまあ、そんなことを考えつつ、ドアが出来ました。

IMGP3618nn.jpg

キットならこんなの全く意識しないで済んじゃうワンパーツなんですけどね。
可動にするか固定にするか、腕組みして悩んでる時間が長過ぎたかも。


apple003.jpg

つづく


PageTop