林檎林

作りたい物を作りたいように作るさ~

窓の透明化とフィッティング

タイトル通り、今日もじみーな作業を続けてます。(´∀`)




せっかく内装を作ったので、
中がなるべく見えるようにしないと意味がありません。



IMGP6837.jpg

キットの窓のパーツは、「合い」自体は悪くないんだけど、
ヒケのせいで激しく歪んでます。(´д`)
窓の向こうの文字はほとんど読めません。
で、クリアーパーツにペーパーをかけて平滑にします。


IMGP6838.jpg

400番のペーパーをかけたところです。
真っ白です。
この作業、最初はすごい勇気が要るんだよね。
古いキットばっかり作ってたからだいぶ慣れたけど。


IMGP6839.jpg

1000番、1500番、2000番と進めたところです。
ペーパーは、円を描いてかけると片減りしたりRが付いたりするので、
タテタテ・ヨコヨコ・タテタテ・ヨコヨコとかけると
平坦かつ効率よく削れるみたいです。


IMGP6840.jpg

最後にコンパウンドをかけます。
向こうの文字も(カンペキじゃないけど)読めるくらいになりました。
( ´ー`)フゥー...




さて、ペーパーで平らにすると、当然のことながら厚みが減ります。
これをボディに嵌めると、若干沈んだ状態になってしまいますよね。
これをなるべく一致させたいわけです。

IMGP6981.jpg

しょうがないのでボディの裏から100番ペーパーをガリガリかけて、
ボディの皮を薄くしてやりました。
せっかく遮光処理のブラック塗ってあったのに・・・
親指の爪が削れてイテーよ。(´。`)


IMGP6982.jpg

なんとかツライチに(近く)できました。


ああ、作業もジミなら記事もジミ。
おまけに写真の色調までジミ。
でも、脱出まであと少しだ。

apple003.jpg

つづく

PageTop

内装完了!(・∀・)

あとちょっとでボディを閉じられると思っていたら、
窓を接着する前に、めんどくさい工程がまだあったんですよ。(´д`)




1 ボディ内側からブラックを吹いて遮光処理。
  その上から内装色のライトグレーを吹く。

2 接着は、窓自体からなるべく離れた位置に接着剤を付け、
  できるだけはみださないように気をつけたいところです。

3 ↑そのために、接着剤を付ける位置の遮光処理塗装を綿棒で除去。

4 晴れて窓パーツを接着。( ´ ▽ ` )ノ

5 窓の内側にマスキング。

6 綿棒で除去した遮光処理塗装の位置に、再度ブラックを吹く。

  IMGP6983.jpg

7 ライトグレーを吹く。

  IMGP6984.jpg



・・・なんか、アホみたいな回りくどい工程 ですね。
文章で書いても回りくどい。
もうちょっとリコウな方法ってあるんじゃないかなあ。


ここまで、
飛ばし読みをされた方、あなたは正しいです。
読んで下さった方、お疲れさまでした。





さあ、やっとのことで、左右ボディの接着をしました。
接着がまだはがせるうちにLEDの点灯試験をしちゃいます。

IMGP6989.jpg

輪ゴムで緊縛状態のコニーちゃんです。( ̄ー ̄)
6個のLEDも無事点灯。
予想外なんだけど、
窓から漏れた明かりがデスク上に広がってステキ(・∀・)


IMGP6987.jpg

窓の中も、けっこう見えてますね。(・∀・)


ていうか、内部の荒っぽい作りが ほどよく見えない(・∀・)



ボディを閉じて、これで第一段階は完了です。
まあ、第何段階まであるのか自分でも分かんないんですが。

apple02.jpg

つづく




PageTop

上反角の件

左右ボディの接着が完了したので、
ボディは只今絶賛放置中です。
やっと組み立て説明図の1ページをクリア。(´ー`)


さすがに同じ物ばかり見てるとイヤになってくるので、
次は主翼にかかります。
すでにスジ彫りはキットどおりに済ませてます。




ところが、主翼を組み立てる前に、大工事 があったのでした。




これ↓は仮組したコニーちゃんの正面。

IMGP6991a.jpg


これ↓は「世界の傑作機」からコピーした図面です。

IMGP6991b.jpg

上反角の違いが一目瞭然ですよね。(゚Д゚;)


両者を重ね合わせてみます。

IMGP6991.jpg
拡大

こんなに違ってる。(゚Д゚;)


データによれば、上反角は下面で7.5度だそうです。
主翼付根から翼端までの上がり具合(高さの差)は、
このサイズなら約36mmのはず。
それが20mmしかないのです。(゚Д゚;)


私はデータが違っていてもそれほど気にしないんですが、
これだけ違うとさすがに見た目も違ってくるでしょう。
なのでこの修正からは逃げずにやりますよ。(`・ω・´) シャキーン




まずは主翼中央部の切り離し!(`・ω・´)


IMGP6993.jpg


・・・ねえ、ホントにやらないとダメ(´∀`)?

完成までの道のりが、遠ざかってる気がするんですけど。











IMGP6994.jpg

やっちゃった。


apple003.jpg

つづく

PageTop

上反角の件(2)

主翼の上反角の修正のために、
私としてはめずらしく「冶具」を作りました。
でないと、アチラが合わねぇコチラが合わねぇ、
ってグダグダになるような、いやーな予感がしたのです。(;´▽`)




IMGP6995.jpg

ゴージャスに(?)プラ板で作りました。
まあガレージキットやエッチングなんかに比べれば安いもんです。
何かに再利用できるかも知れんし。




さて、主翼の各パーツを、
「中央部」「エンジン取付部」「先端部」と呼ぶことにします。
中央部とエンジン取付部は、元々ワンパーツだったのを切断したものです。
これを正しい角度に再接着するのが今回のミッションなのです。(`・ω・´) シャキーン


エンジン取付部には7.5度の上反角が付いていて、長さは132mm(実測)。
ではエンジン取付部の先端は何mm上がってるでしょうか?


IMGP6997_2.jpg




ここから 激しく余談 です。


何千年も前から、人類はこの手の問題に頭を悩ませていたみたいですね。
はい、完全に忘れてる「三角関数」の問題です。
sankaku2.jpg

  a=エンジン取付部先端の高さ
  h=エンジン取付部の長さ=132mm
  θ=上反角=7.5度


三角関数の定義から、

  sinθ=a/h

これを変形させて、

  a=h×sinθ

んで、三角関数表を調べると

  sin7.5度=0.130526

なので、a=132×0.130526=17.2mm


図面を拡大コピーして、ノギスで測れば簡単じゃね?
と思われた方、あなたはまったく正常です。
実際には、もうちょいオマケして18mm上げときました。


いやー、コニーを作ってノスタルジーに浸れるだけじゃなく
高校時代にタイムトリップしちゃったぞ~。( ´ ▽ ` )ノ
しかし、三角関数なんて 記憶していた記憶すら無い んですけど、
わたしゃどうやって大学受験を乗り切ったんでしょうか?





という具合に、角度を決める冶具が出来たので、
切断してあった「中央部」と「エンジン取付部」を乗せて再接着します。
接着面は、事前に7.5度くらい削っておきました(目分量でw)


IMGP6998.jpg

上反角をキープするために、
当初は7.5度の角度を付けたリブを3~4枚接着しようと思っていたんですが、
もっと簡単に、プラ板で左右をつなぐ梁を追加しました。
簡単工事で強度も充分なはずです。


いやー、満足満足。

apple02.jpg

つづく

PageTop

主翼上のちまちま作業

今日も今日とて、ちまちま作業を続けてます。(´ー`)




右翼上にあるエアアウトレットをリファインしようと思いました。
広い面積の主翼の中で、けっこうポイントになる気がするんですね。
穴も空いてないし。

IMGP6996b.jpg


しかし資料とよく見比べると、位置がだいぶ違ってるじゃありませんか。(;¬¬)
資料にしている「世界の傑作機」が絶対に正しい訳ではないのでしょうが、
キットよりは信頼できそうです。


さらによくよく見ると、パネルラインもだいぶ違ってます、
パネルラインは主翼後ろエッジと垂直になっていないといけないのが、
進行方向と並行になっちゃったりしてます。
これではエアアウトレットと辻褄が合いません。
これはけっこうガマンならんですよ。


IMGP6999.jpg


先日は主翼のスジ彫り完了と書きましたが、
しょうがないから「黒い瞬着」で埋めてやり直しです。┐(´-`)┌
エアアウトレットも、プラ板でいったん埋めちゃいました。
黒い瞬着は、スジ彫り埋めにマジオススメ。
硬化してもあまりカチンカチンにならず、プラと同じような硬さで、
上からスジ彫りしやすいのです。




そして新たに開口して、エッジをしかるべき角度に削りこみます。
開いた穴にプラ板をはめ込み、3枚のフィンは0.5mmプラ板で作ります。

IMGP7014.jpg


小さいほうのエアアウトレットには、
CDケースの側面のギザギザをエポパテで移しとったものをはめ込みました。
よく見るとギザギザがあんまりシャープじゃないんだけどガマン。
もっとシャープなギザギザ面のものって無いもんですかね?

IMGP7012b.jpg



これでエアアウトレットの作業は完了。
まあ「リファイン」と言えるかどうかビミョーなところです。
いちおう位置の修正にはなったからヨシとするかー。


apple003.jpg

亀の歩みのこのブログ、
2ヶ月かかってやっとカウンター1000ゲット。
しかも自分で踏んじまったw

つづく

PageTop

翼端灯の電飾

毎日少しづつ進めてます。
年内に塗装前まで持っていけるといいなあ。


室内灯を点けるついでに、翼端灯も電飾してみようと思いました。
完成のあかつきには夜景ぽい撮影もしたいので、
そのときチラっとでも光ってれば面白いと思ったのです。(・∀・)


ホントは翼端灯以外にもライトは付いてると思うのですが、
どこにどれだけ付いてるのか資料が見つけられません。
なので今回はマアイイカで見送りです。(´д`)




IMGP7022.jpg

東急ハンズで光ファイバー、三菱レイヨンの「エスカ」をゲットしてきました。
一番細い0.25mmのものです。
将来的に、SFメカなんかの細かい電飾にも使えるんじゃねーかと。
模型の場合、小は大を兼ねるって言うじゃん?
いや今考えたことわざですが。(´ー`)


光ファイバーの見た目はまるっきり釣り用テグス。
¥1600ぐらいで50cmのが300本入ってます。
たぶん私の 模型ライフ一生分 あるでしょう。
それとも「ゴージャスでムーディなインテリア照明」でも作ろうかしらん。
ちなみに、もっと太いいくつかのファイバーも同じ値段のようです。



IMGP7008.jpg

6mm角のプラ棒に穴を開け、白色LEDを嵌め込み、照明ユニットを作りました。
ここに光ファイバーを挿して光を伝導させます。
光ファイバーは片側に8本づつ、左右あわせて16本。
これで断面積は0.75mmのファイバーと同等になるはずです。
ユニットはあとで真っ黒く塗装して遮光します。


IMGP7015.jpg

翼端に穴を開け、束ねた8本の光ファイバーを接着、パテで補強しました。
翼端の内部はブラックを塗って遮光しました。

IMGP7016.jpg






それでは点灯してみます。(・∀・)ワクテカ~


IMGP7018.jpg


おおー、なんだか美しいぞ(・∀・)
主翼を接着したら見えなくなっちゃうのがもったいないぐらいだ。


しかし、チカーっと光ってるんだけど、
いかんせん小さすぎて目に見えるだろうか?という感じです。
けっこう自己満足の世界かもしれないなあ。


よく考えたら翼端タンクのスペースがあるんだから、
その中にLED自体を組み込んじゃう手もあったかもしれませんね。
まあいいや、光ファイバー電飾やってみたかったんだもん。


apple003.jpg

つづく

PageTop

せっかくの休みなのにはかどってねえ~
おまけにナイフで指切るし(´д`)




さて、主翼とボディの接着の前に、主脚の工作を始めました。


といっても、キットパーツはマアマアの形だし、
けっこう強度も十分そうなので、
ディテールアップは必要なさそうです。(´ー`)
しかしながら、どうしてもやるべき改造があったのでした。


今回の制作の目玉は室内灯と翼端灯の電飾なわけですが、
これの電源を、いろいろ考えた結果、主脚から取るしかないかなと。
つまり機内からの配線を最終的に2本の主脚に導き、
展示ベースとの接点から電源供給しようという作戦です。


右脚からプラス、左脚からマイナス。
まるで スペシウム光線みたい ですね。


その具体的な工作ですが、実は何もお手本情報がありません。
なので自分で考えたのが下の方法です。
果たしてうまくいくのかなあ??


IMGP7126.jpg

まあ要するに、こういうことです。
・0.1mmの銅板で接点を作り、
・リード線をハンダ付け、
・タイヤの内部に接着。
・リード線はホイールに開けた穴から外に出し・・・


IMGP7131.jpg

主脚に沿ってエンジンポッドまで繋げ、内部の配線に接続します。
黒いリード線ならそんなに目立たないし、
ちょっと太いけどブレーキパイプみたいに見えませんか?


余談ですが、日本茶を売ってる店頭に置いてある、
急須から無限にお茶が出るディスプレイあるじゃないですか。
私は小さい頃あれにいたく感動し、
夏休みの工作で作ったのでありました。
水量が足りなくてうまくいかなかったけどね・・・(´ー`)
てなことを思い出したり。


なお、タイヤはやや太すぎる感じだったので
1mmぐらい幅ツメしてあります。




さて、今後しばらくは、じみ~に
パーティングライン消し、合わせ目消し、ペーパーがけです。


apple003.jpg

つづく

PageTop

レドームのあたり

ブログ書いてるモデラーさんで、
たまに もの凄いスピード で制作される方がいますけど、
いったいどんな生活をしてるのか模型七不思議じゃありませんか?
しかも超絶的に上手いときた。


サラリーマンと仮定しても、
定時で退社し晩メシ食って、酒も飲まずTVやネットに目もくれず、
寝るまでモデリングざんまい??


いや、たぶん「上手い人は作業も早い」と言われてるように、

・集中すべき場所が分かっているのでムダがない

・作りたい形とその工程にパターンが出来てるので悩まない

・ダンドリがいいので工程が後戻りしない

・工作でも塗装でも、失敗しないのでやりなおしが無い

なんてことなんだろーな~と想像。
つまりは経験値のアリナシってことすかねぇ (´ー`)




さて、更新が遅い言い訳 をしたところで、コニーの制作の話。
全体ペーパーがけの過程で目についた、レドームのフィッティングをしました。


IMG_0151.jpg
N974R-3Jun00-4.jpg


そもそもコニーには大きく2種類ありまして。
初期型の「コンステレーション」と、
それのボディを延長した「スーパー・コンステレーション」です。
(上の写真は両方ともスーパー・コンステレーション)


スーパー・コニーには、ロングボディの他に、
翼端タンク、気象レーダードームの追加という特徴があります。
気象レーダーなしは丸鼻。ありはトンガリ鼻です。
ところがこのレドーム、後付けパーツだけあって、
なんとなく実機でもラインに違和感があるんですね。
それも味っちゃ味なんだけど。(´ー`)




で、キットのほうはと言うと、素直に仮組してみると、

IMGP7132.jpg

こんな感じです。
いくら後付けパーツの味といっても、ヘンに上を向いててラインが繋がっていません。
エレールも、コンパチブルパーツを追加するのにちょっと手抜きしたんじゃないかなあ?


IMGP7134.jpg

しょうがないんで、1mmプラ板でスペーサーを作って、

IMGP7135.jpg

クサビ型に削って隙間に入れて接着、
レドームをじゃっかん下に向けました。

IMGP7137.jpg

さらに黒い瞬着(最近の愛用品)を少し盛り付け、ラインを整えました。


まあ、「実機どおりに正確に工作した」とは口が裂けても申しませんが、
ちょびっとは改善できたかな?、と思うわけです。


もうちょっとでボディと主翼を接着できる。
がんばれ、オレ。

apple003.jpg

つづく

PageTop

えんえんペーパーがけ

日曜日でけっこう作業時間がとれました。(´ー`)


ツルの機織り状態で作業しましたが、
なんだか1日中ヤスリがけをしてたような気がします。
くせになったら止められない、
セックス・ドラッグ・ヤスリがけ です。




まずは放置していた尾翼です。
接着剤も十二分に乾燥したはずなので、組み立て前の整形作業にかかりました。

IMGP7139.jpg

水平尾翼の先端はなぜか座布団のように分厚かったので
かな~り削り込みが必要でした。

IMGP7140.jpg

せっかくしてあったスジ彫りも消滅しちゃったので引き直しです。(´д`)
あとは後のエッジを極力薄く削ってシャープにします。


IMGP7141.jpg

コニーの特徴である3枚の垂直尾翼も、同様に整形しました。
なんとか十分に薄くできたと思います。




それから、ボディのヤスリがけとスジ彫り修正です。


IMGP7142.jpg

黒く見えるのは、一度引いたスジ彫りの位置が悪いので修正した部分。
けっこういっぱいあります。


IMGP7143.jpg

機首のあたりはこんな感じ。


これでいちおう、ボディ・主翼・尾翼のスジ彫りが完了。
これを組み立てたらサフ吹いて、もう一度アラさがしですかね。


apple02.jpg

つづく

PageTop

士の字

着工から2ヶ月半、
ようやく胴体・主翼・尾翼をくっつける時が来ました。( ´ ▽ ` )ノ
我ながらイヤになるくらい鈍足です。




主翼を接着する前に、電飾の配線を仕上げます。


IMGP7147.jpg

LEDからの配線とCRDをがっちりハンダ付けしました。


けっこうごちゃごちゃした複雑な回路に見えますが、
実はリード線がムダに長いためです。
そういえば、お裁縫のプチ格言だけど、
「バカの長糸、タワケの小糸」
って亡くなったばーちゃんが言ってたな。(´ー`)


ワニグチクリップで何度も点灯試験はしてたんだけど、
ここを閉じたらもう見納めです。
もし、また見る事があるとすると、それは内部で故障の場合。
たぶん半泣きで開腹手術してることでしょう。
そんなハメにならないよう 祈るしかありません。
(まあ、本当にそうなったらアッサリあきらめますが・・・)




で、主翼、尾翼を接着。
晴れて「士」の字になりました。゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

IMGP7149.jpg

IMGP7148.jpg


なお、尾翼だけ先にサーフェーサ吹いてます。
けっこう入り組んだ形をしてるので、
先にできるだけ仕上げておこうと思ったのです。
水平・垂直はキットのままで問題なし。
実は今日の作業の大部分は尾翼の整形だったのでした。


うむ、とりあえず士の字になって満足満足。( ̄∀ ̄ )




さて次はまったく手つかずのエンジンか・・・

apple003.jpg

つづく

PageTop