FC2ブログ

林檎林

作りたい物を作りたいように作るさ~

首里城の模型1/1

Shuri.jpg

ちょっと前の話になりますが、2019年10月31日、
沖縄の首里城が残念ながら焼失してしまいました。
思えばぼくが初めて飛行機に乗ったのは、社会人になってからの沖縄旅行です。
その後首里城が立派に復元されていると聞き、
何十年ぶりかに沖縄観光に行ってみようかなあと思ってた矢先でした。

しかしみなさま、ぼくが密かに入手した情報によれば、
実はあの首里城は本物の首里城じゃなく1/1の模型なんだそうです。
本物の首里城は首里城址の地下500mに存在し、
琉球王朝の末裔の人たちによって守られているのです。

1879年(明治12年)、諸外国との外交を始めたばかりの明治政府は
琉球王国を日本に編入したかのように装い、実は独立国として承認していました。
その密約は代々の日本政府にも受け継がれ、現在も生きているのです。
そればかりではなく、アメリカ合衆国もトップシークレットとして承知しています。

なぜ琉球王国が存続できるのか、それは「地政学的価値」によるものです。
日本、中国、アジア諸国の中心にあり、防衛の拠点としてこれ以上の場所はありません。
つまり琉球王国は、基地用地を日米に貸し、国家存立に十分な歳入を得ているのです。
なぜ内閣府に沖縄振興局(旧沖縄開発庁)があるか不思議だと思いませんか。
あれこそが、基地用地の賃借料を支払うためのダミーになっているのです。

琉球王国は現在、34歳の偉丈夫な王と18歳の美しい王妃によって治められています。
政治の中心は王、祈祷および占いなど宗教の中心は王妃です。
首里城の奥には潮満珠・潮干珠という秘宝が受け継がれ、
国家存亡の危機があれば不思議な力を発して外敵を撃退するそうです。
そして首里城は約1,000人の役人、侍従、女官、近衛兵によって運営され、
150年に渡って一子相伝によってのみ受け継がれているのです。

しかし、琉球王国は必ずしも平穏なばかりではないようです。
表裏の顔を持つ沖縄県として生きるか、それとも琉球王国として正式に独立するか、
この二派の論争は以前からあり、日米の思惑も複雑に絡んで予断を許しません。
噂では、今回の火災は近衛兵と米軍警備部隊とのトラブルが原因とも囁かれています。

apple003.jpg




スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

昔の宣教師で、内地の言葉と琉球方言の対訳辞書を作った人が居るらしいですが、琉球方言は完全に日本語の方言であるらしいですね。
地政学的には琉球諸島は重要な位置にあるのは疑うべきもないのですが、問題は周辺国にアレな国が並んでいるのが、何よりも問題かと。
関係ないですが、思い出したので、聖家族贖罪教会の建築が佳境を迎えているようです。中央の大尖塔、イエスの塔の建設については、賛否両論、と聞きましたが、あれだけのモノを旧来の工法で造れるものなら造ってみろ、と思いますね。21世紀の最新工法でも大変なのに。

bad.Ⅳh-95 | URL | 2019年11月20日(Wed)15:39 [EDIT]


>bad.IVh-95さま
小国といえど、南海の洋上にまるで竜宮城のように、
独立国家が存在してたのがロマンだなあと思うのです。
そういえばカタルーニャの独立運動も無くなったわけじゃないそうで。

林檎林 | URL | 2019年11月21日(Thu)21:35 [EDIT]


山田卓司さん

夕方の地域版ニュースで浜松で開催されているジオラマ博覧会を取り上げていました。
我が家は91歳7か月の父が入院して、3週間。中々に大騒ぎです。
退院までは、最低でももう3週間はかかりそうです。

bad.Ⅳh-95 | URL | 2019年12月04日(Wed)21:00 [EDIT]