FC2ブログ

林檎林

作りたい物を作りたいように作るさ~

はい次

はい、お次は、ハセガワ1/48、ノースアメリカンP-51Dムスタングです。
某模型サークルのキット交換会でどなたか様からいただいたものです。
どなたか様、ありがとうございました。成仏 させていただきます。


IMGP0998pp_S.jpg
拡大
箱絵はちょっとアッサリ目。説明書の記載では1992年製のキットのようです。
えっちなノーズアートをアピールするため(?)、「ハイテクデカール」という
インレタみたいに擦って写すデカールが付属しています。
当時は画期的な方式だったのかもしれませんが、流行らなかったですね。
かなり古〜いので使えるかどうか怪しいです。

IMGP1003pp.jpg

パーツは綺麗な凹モールドで、コックピットや脚まわりなど、
けっこうディテールが作り込まれてます。
さーて久々のシルバー塗装、やってやるぜ!

apple02.jpg

つづく



スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ノーズアート

新谷かおるのB-17を題材とした作品『RAISE』(レイズ)には、腕は立つし、部下からの信頼も厚いのに、いろいろと問題を抱えた不名誉除隊寸前の落ちこぼれ、というバーニー・スタンレー大尉が機長を務めるプリズン・レディ号なる機体が登場します。同機に配置された人員は、全員が全員、看過できないような問題を抱えている、というステレオタイプでもありますが。
で、そのB-17のノーズアート、大尉が主導して描いた、落書き以下の代物、という・・・
本気で描かせたら、わが自衛隊の方が酷い事になりそうですが。

bad.Ⅳh-95 | URL | 2019年05月26日(Sun)22:11 [EDIT]


>bad.IVh-95さま
エリア88は持ってますが、RAISEとは知りませんでした。
画像検索してみましたが……
ノーズアート思ったよりカワイイじゃないですか。(´∀`)

appletree | URL | 2019年05月28日(Tue)20:25 [EDIT]


可愛い方のノーズ・アートは、スタンレー大尉と大喧嘩した後、整備兵たちが大尉じゃなく、B-17が可哀そうだ、と云って、書き直してくれた方です。
大尉が最初に書いた方は、原作ではその余りの酷さに、ヘノヘノモヘジ顔のヒョウタンツギのようなイラストで代用されていました。
書き直してもらったノーズアートは、地球儀に腰を下ろした美女、に見えますが、身に着けているのは胸元に識別番号が縫い付けられた囚人服、腰を下ろしているのは足首の枷と鎖でつながれた鋼球、という、実際は「囚われの美女」だったりします。
愛称がプリズン・レディですので。

bad.Ⅳh-95 | URL | 2019年05月28日(Tue)21:34 [EDIT]


>bad.IVh-95さま
なるほどそういう絵だったんですね。
そういえば、釈迦に説法かもしれませんが、
B-17といえば「メンフィスベル」という映画が有名ですね。
ただ爆撃に行って帰ってくるだけの話なのに、全く中だるみしない名作です。

appletree | URL | 2019年06月07日(Fri)11:38 [EDIT]


メンフィス・ベル

調べたら、あの「ローマの休日」とか「ベン・ハー」を撮った、ウィリアム・ワイラー監督が、ニュース・広報映画、多分実際には、戦意高揚映画として同名の映画をセミ・ドキュで撮っているようです。マジで英国本島内の基地に泊まり込んで実際に爆撃に赴く同号に便乗したそうで。
で、同行したカメラマンは、同乗していた別の機体が、ドイツの戦闘機に仕留められ、犠牲になってしまったとか。

bad.Ⅳh-95 | URL | 2019年06月08日(Sat)16:48 [EDIT]


>bad.IVh-95さま
昔の映画づくりは命がけですね。
特撮モノの爆発もCG合成じゃないですしね〜。

appletree | URL | 2019年06月16日(Sun)21:33 [EDIT]