FC2ブログ

林檎林

作りたい物を作りたいように作るさ~

縦帆

ところでみなさま、時代劇/時代小説はお好きでしょうか?
今回のカティサークの制作については、ある時代小説の影響が大きいのです。
それは、佐伯泰英著「交代寄合伊那衆異聞」全23巻という作品です。
といっても、難しい話じゃございません。いわゆる痛快時代劇です。

IMGP0605oo.jpg
公式サイト

この作品が時代劇としてユニークなところは、江戸を飛び出し、
長崎、上海、そしてバタビア、マラッカと、アジアを舞台にしたスケールの大きさです。
主人公は稀代の剣豪にして幕末のいく末を見通す若者、座光寺藤之助。
ヒロインは、スペイン人を父に持つ美貌にして語学の天才、高島玲奈。

物語の後半、主人公たちは商船を手に入れ、交易の旅に乗り出します。
行く先々での戦いと出会いは、まるで 海洋冒険ファンタジー です。

著者の佐伯泰英氏は、TVドラマにもなった「居眠り磐音」シリーズなど、
現代の時代劇のベストセラー作家です。
ぼくはおそらく通算100冊以上読んでると思うんですが、
この「交代寄合伊那衆異聞」シリーズが一番好きですね。(´∀`)

この作品の面白さ・感動を、ぼくなりに昇華しようと思ったのが
カティサークの制作につながっていったのでした。
さて、東シナ海の潮風の香りを感じて、今日もちまちま制作、制作と。

IMGP0630oo.jpg

船体に対して縦に付く帆を取り付けていきました。
支柱の根元に頭をカットした小釘を埋め込んでマストに取り付けます。

IMGP0640oo_S.jpg
拡大
で、とにかくロープと滑車を使って結び付けていき、こんな感じになりました。
前に付くのが 「スペンサー」、後ろのが 「スパンカー」 と言います。
意味は、辞書引いてもスペンサー伯爵とかの人名が出てくる以外は、
純然たる帆船専門用語みたいですね。

これで説明書の全47セクションのうち41セクションまで消化。
インドからの航海で例えれば、そろそろフランス沖ぐらいでしょうか。

apple02.jpg

つづく



スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

海洋冒険時代劇、っていうジャンルもありそうですね。
好い子はググらない方が良い絵師さんに、沖渉二師という方がいるのですが、その人の劇画にこんな4本マスト、バークになるのかな?、の登場する作品がありました。
船名は、ありがちなんですが、バラクーダ号。海賊船で、何人かの美女も出ているという。

bad.Ⅳh-95 | URL | 2019年01月17日(Thu)19:35 [EDIT]


>bad.IVh-95さま
いやあ、いろんな事を知ってはりますなぁ。
沖渉二って東京美術学校(東京藝大)卒なんですね。すごいなあ。

appletree | URL | 2019年01月18日(Fri)22:41 [EDIT]


沖渉二師

沖先生は、ほんと、良い子は見ちゃいけません、な雑誌で活躍している方なので、知っているとは、クリスマスに、ヨーロッパ式のサンタさんに靴下に石炭殻を詰め込まれそうですね。
そりゃいいですが、4本マストの高速帆船は、時代の象徴、小説や劇画の題材として最適でしょう。

bad.Ⅳh-95 | URL | 2019年01月19日(Sat)10:03 [EDIT]


>bad.IVh-95さま
沖画伯の世界、ダメと言われると覗いてみたくなりますね〜(´∀`)

appletree | URL | 2019年01月20日(Sun)21:49 [EDIT]