FC2ブログ

林檎林

作りたい物を作りたいように作るさ~

外板貼り

曲木細工。日本伝統の職人技で、お弁当箱とか家具に受け継がれています。
ぼくは初めての挑戦なので、おっかなびっくりスタートしていきました。(´ー`)



IMG_3029ll.jpg

材料は1.5×4×600mmの棒。これで船体全体を形作るわけです。
熱湯に浸けると中の空気が膨張し、ジュッワ〜〜っと気泡が出てきて
柔軟に曲がるようになり、それを内部フレームに沿わせていくのです。

IMGP9864ll.jpg

まずは船縁からスタートし、徐々に下へ貼っていきます。
お湯でしならせ→フレームに固定し→乾燥させ→接着と。
このサイクルでやっと1枚貼れます。

初めは自然乾燥でやってたんだけど、それじゃ1日1枚しか貼れないので、
そのうちドライヤーも活用してスピードアップしていきました。
プラモデルではあまり使わない瞬間接着剤(木工用)も大活躍です。
いったい、これがない時代の木製帆船モデラーさんはどうしてたんでしょう?

IMGP9893ll.jpg

船尾の板の末端はクランプで挟めないんで、仮釘で止めてやっていきました。
ぼくの人生で「仮釘」なんていうボキャブラリーが登場する日がくるとは。

IMGP9888ll.jpg

てな感じで、一段一段地道に進めていきました。
それにしても、実際の木製帆船の外板貼りはどうやってたんでしょう?
やっぱり大きな水槽に熱湯を沸かして板を浸け、
柔らかくなったところで、せーので 曲げたりしたんでしょうか?
そういえば一昔前のボートも木製だったけど、それも同様なのかしら?

apple02.jpg

つづく



スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

何だかスゴイ工作やってますね~
なんとなく知ってはいるけど、実際にやったことは無いし工程を見た事もないので楽しく拝見させてもらってます。

ちなみに、04/15の例の会には参加されますか?
前回はろうがんず直前だったのでアレでしたが、今回また久しぶりにお会いして模型談義など出来ればなぁと思ってます。
ぜひご参加を!

島山 | URL | 2018年04月09日(Mon)00:35 [EDIT]


鋼船の場合、バーナーで鋼板の片面を熱すると少し伸び、結果湾曲するので骨組みに合うようにしているのは、えんねいちけーのEテレで見ましたが、木造船は、和船ならカンナ掛け勝負でしようけど、こんな大型船はどうしているんでしようね?
>接着剤
古いTMSで、線路のバラストを固定するのにグルーと呼ばれるたんぱく質系の粉末糊を使っていた記事を見たことがあります。
あと、ニカワじゃないですかね?

bad.Ⅳh-95 | URL | 2018年04月09日(Mon)20:14 [EDIT]


>島山さま
久しぶりに覗いてみようかな?
相変わらず交換会(配布会?)やってんのかなー(´ー`)

>bad.IVh-95さま
ニカワとか木工用ボンドじゃあ、本当に1日1枚ペースですね。
あとクランブの工夫も要りそう。
瞬着なら指クランプでも耐えられるんですどね。

林檎林 | URL | 2018年04月10日(Tue)21:43 [EDIT]


04/15

例の会の交換会、内容と量にバラつきはありますが毎回の恒例行事のハズなので・・・今回も有ると思います。たぶん。
(前回出てないので最新の「空気」が分からないのですが)

それでは、日曜日にお会いできるのを楽しみにしてます!

島山 | URL | 2018年04月12日(Thu)02:22 [EDIT]


木を矯める

考えてみたら、細長い圧力容器を用意して、木材を容れたら高圧蒸気を流し込んで蒸し上げてやれば加工できそうな気がしてきました。
>鳩時計
ちょっと発作が起きかけていて、6万円位迄で今、茶の間に掛かっているのと似たヤツが無いかなぁ、とか真剣に悩んでいます。
ただ、ネットに上がっていたり、独逸語のサイトに紹介されているのはクルミやらナラノキとかを染めて木の色や木目を生かしたものが大半なのですが、我が家の50年選手は艶消しの黒。会うかなぁ・・・?、です。
独逸語のサイトで2本、伝統的デザインの鳩時計づくりの映像を落としてしまいました。

bad.Ⅳh-95 | URL | 2018年04月15日(Sun)19:07 [EDIT]


>bad.IVh-95さま
考えてみれば、大型帆船はもとより千石船から公園のボートまで、
水密性を保った船を材木で作るって恐るべき技術ですよね。
鳩時計、いいのが手に入るといいですね。

林檎林 | URL | 2018年04月16日(Mon)22:10 [EDIT]