FC2ブログ

林檎林

作りたい物を作りたいように作るさ~

エンジン

次に、2基のハーキュリューズ・エンジンに取り掛かりました。
キットは意外にティテールが省略され過ぎなような気がしたのです。(´ー`)


IMGP9257ll.jpg

細ーいハンダ、通称「糸ハンダ」を調達しました。
0.8mmと0.3mmです。アマゾンで¥995と¥1,055。
どちらも分量は150gと表記されてて、長さは分かりません。
多分プラモの改造用として 一生分 あるでしょう。

IMGP9264ll.jpg

これでエンジンシリンダーから生えてる排気管を作ろうって話です。
シリンダーに穴を開け、曲げた0.8mm糸ハンダを差し込んでいきます。
ね?、これキットは省略され過ぎでしょう?
ハンダはピンセットでつまんでも傷が付くのが困ったもんです。

IMGP9274ll.jpg

それから0.3mmのプラ棒と糸ハンダで、細いパイプ類を追加しました。
ホントはもっとごちゃごちゃしてるんですが、キリがないんでこれだけ。

IMGP9316ll.jpg

で、艶ありブラックをしっかり吹き、シルバーをうっすら吹き、
アクセントにゴールドをちょんちょんと塗って完成です。
実物どおりとはいきませんが、ま、雰囲気雰囲気。ヽ(´▽`)ノ
あと、集合排気管の前に付く2本のパイプはムクの棒だったんで、
1.5mmシンチュウパイプに取り替えました。

IMGP9319ll_S.jpg
拡大
てことで、本体に取り付けると現状こんな感じです。
カウリングの中は暗いから、明るめに仕上げたほうが良いみたいです。
エンジンのディテールアップって全くやったことがなかったんですが、
いっぱしのエアモデラー になったような達成感ありますね。

apple02.jpg

つづく



スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 星型エンジン、すごいですねー。太平洋戦争当時の日本のメーカーが苦労するわけだ。
 こういうディティール・アップ、昔々の欧州型鉄道模型で入り口体験をしましたが、ただ、モノによっては苦労した割に、変わんねーじゃん・・・?!、だったりするのですけどね。
>コメットさん
 よく落ちたほうのDH106さんです。
 比べたら可哀そうかもしれませんが、戦前の輸送機の名残のような垂直尾翼のお話でした。

bad.Ⅳh-95 | URL | 2017年12月04日(Mon)19:59 [EDIT]


>bad.IVh-95さま
ディテールアップと言えばエンジン周りや脚周りやコクピットですが、
いずれもよく見えないんですよね〜。

コメット(旅客機)の尾翼は、さしづめ「風」型ですかね。

appletree(林檎林) | URL | 2017年12月04日(Mon)22:45 [EDIT]