林檎林

作りたい物を作りたいように作るさ~

完成です〜ヽ(´ー`)ノ

てことで、足掛け9か月もかかったジェットVTOL+ハンドレページ・ヴィクター、
名付けて「宇宙往還実験機」完成でーす。ヽ(´ー`)ノ


IMGP9089ll_S.jpg
拡大 超拡大
元ネタは、1988年ホビージャパン社から刊行の「Ultra Weapon World」の、
「ジェットビートル開発史」。イラストは吉田穰氏(たぶん)です。
ジェットVTOLは、スペースシャトル実験機としてカナダで開発され、
イギリス空軍から貸与されたヴィクターに載っけて試験されていた、という設定です。

IMGP9099ll_S.jpg
拡大 超拡大
ジェットVTOLはハセガワのおなじみのキット。ぼくは2回目の制作です。
ヴィクターは発売されたばかりのエアフィックス。どちらも1/72。
計算したわけじゃないんでしょうけど、サイズ感はばっちりです。
ヴィクターは、VTOLを載せるジョイント架台を設けた以外はほぼ素組です。
新しいだけあってとても組みやすいキットだと思いました。

IMGP9144ll_S.jpg
拡大
VTOLは、細かいところを色々改造しました。
翼端ポッドの廃止、キャノピーを減らして乗降ドアの移設、
ピトー管、ジェットノズルのフェアリングや境界層板の追加、などです。
マーキングはキット付属の流星マークと、
カナダ空軍ラウンデルはさんざん苦労した自作デカールです。

IMGP9119ll_S.jpg
拡大
ヴィクターの塗装は、実在する真っ白な塗装をベースに、
勝手設定で新明和US-1みたいなオレンジを加えてみました。
だいぶ派手になって 展示会映え するでしょ?
某コンテスト的には全く効果なかったけど。(´´ⅴ``)ショボーン

IMGP9122ll_S.jpg
拡大
実在のスペースシャトル実験機をはじめ 亀の子状態 の飛行機は色々あって、
ネタ作品でも、たとえばマクロス+ロッキードSR-71みたいなのとか色々あるんですが、
モデラーとして作っててなかなか楽しいと思いました。
1+1=2以上になるネタってまだまだ可能性あるかもしれません。
恐竜戦車 みたいなネタを思い付いたら、また挑戦するのもいいかも。
つーことで、ではまた〜。

apple02.jpg

宇宙往還実験機(ジェットVTOL+ハンドレページ・ヴィクター) 完



---------------------------------------------------------------------------------------------------

おまけ。今回の撮影風景です。

IMG_2882ll.jpg

いつもの作業机が、B2のケント紙2枚でスタジオに早変わり〜ヽ(´▽`)ノ
LEDスタンドには自作のトレペカバーを付けました。
十数個のLEDが並んでるので、影の境界が階段状になるからです。
照明は真上よりやや逆光、手前に白いボードを置いて光を回してます。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

かっちょええですねぇー!

 後方から見上げるアングルの格好良さと要ったら、なんともいえませんね。
 航空機の見上げ視点の一枚って、どの機体でもかっこよく見えると思いますが、特にヴィクターは格好いい気がします。
 なんとなく、TB風味を感じたのですが、実際のTBの撮影でも、出来るだけ見上げのショットが撮れるよう、ミニチュアを操演する土台の構造に工夫を凝らしていた、と聞きます。
 カメラ位置の苦労は、ジェリーの前の嫁、リアル・ペネロープ嬢こと、シルヴィア・アンダーソンが(これも処分しちゃったんだよなぁ)思い出話で書いていました。
 あと、バリー・グレイの傑作劇伴、日本での通称「ファイアー・フラッシュのテーマ」が響いてきそうです。・・・問題は、それをBGMに離陸していったヴィクターが事故に巻き込まれる予感もばりばりなのが・・・さて

bad.Ⅳh-95 | URL | 2017年10月22日(Sun)19:05 [EDIT]


お披露目、待ってました!

いや、作品自体はもちろん拝見したんですが、あらためてこうやって白バックのきちんとした画像で見てみると、細部のディテールやら塗装表現やらデカールなんかが何とも効果的というか小気味良いというか、見ていて飽きませんね。
と思う反面「ていうか、これをひとつひとつ作ったり塗ったり貼ったりしたんですよねぇ」って思って、その作業量の多さにあらためて頭の下がる思いです。

島山 | URL | 2017年10月23日(Mon)02:40 [EDIT]


>bad.IVh-95さま
そうです、やっぱりヴィクターは特撮メカです。
バックに流れる空を作って動画制作したいですねwww
んで、何らかの機体トラブルとか時限爆弾とかで絶体絶命と。
国際救助隊に助けられる科学特捜隊ってシュールなコラボですよ。(´∀`)

>島山さま
ありがとうございます。
会場ではバタバタしてて良く観られませんからね。
やっぱり自宅でじっくり観られる2MCは良かったなあ。

appletree(林檎林) | URL | 2017年10月23日(Mon)23:08 [EDIT]


VTOL往還機(試作)完成おめでとうございます。

ワタクシも、「◯◯風の××」大好物で、2017年にU.W.W.の立体化作品を拝めるとは、感謝、感激、尊敬の極みにございまする。

それにしても、スケールモデルがレギュレーションのろうがんず杯への出品、一時は思い止まられかけてた訳ですが、スケール設定無視のブルマァク・ビートル+VWワゴン+ゼットン星人が展示されているのを見ると、「決まり」は割と緩やかなようで、安心しました。
それにしても、審査員の皆さん、30年も前のU.W.W.なんていうマニアックネタ、ご存じないんでしょうね。

Roma | URL | 2017年10月23日(Mon)23:16 [EDIT]


>Romaさま
ありがとうございます。
今回のトライで、スケモ成分が50%以上あればOKと分かりました。(ホントかよ〜)
しかし「好きなものを好きなように作る」ていう第一ポリシーだったとしても、
あんまりマニアックになるのもいかがなものかってことですね。
女、子供さんにも「あ〜あれね」と思ってもらえるのが第二ポリシーなのです。
(´∀`)

appletree(林檎林) | URL | 2017年10月24日(Tue)21:03 [EDIT]


やっぱり迫力満点ですね~
ビートルのサイズわかってるだけにこの巨大なヴィクター収まるだけの
撮影ブースも大変かと。
長いこと製作記事を楽しませて頂きありがとうございました。

ツムリ | URL | 2017年10月25日(Wed)22:41 [EDIT]


>ツムリさま
お読みいただき、いつもありがとうございます。
撮影に関して追記しました。(´∀`)

appletree(林檎林) | URL | 2017年10月26日(Thu)21:47 [EDIT]


おお、わざわざありがとうございます。
作業机の機動性の高さががが!
でもどちらかというと整理された机環境に感嘆。

なんで私の机はいつもカオス状態なんだろう・・・

ツムリ | URL | 2017年10月27日(Fri)23:17 [EDIT]


お次はSAコン

会場でお話してた「SAコンペ2017」用の作品がどうにか完成しまして、さきほどエントリーしてきました。
リンクを貼ってみましたので、良かったら見てやってくださいな

実作業はろうがんず杯終わってからだったので2週間ほどしか無く、いつものように色々と粗だらけなんですが・・・所詮はネタ作品なんで、個人的趣味全開で行ってみましたw

林檎林さんの方はどうでしょうか?
落ち着いたらココに何かがUPされるのを期待してます~

島山 | URL | 2017年10月29日(Sun)00:56 [EDIT]


>ツムリさま
いえいえぼくも、いつもはカオスですわ。
完成→片付け→撮影でリセットされるわけです。

>島山さま
えらい!
ぼくは全くもってダメでした。スミマセンm(__)m
ちと家の中の配置変えをやってたもんで。

appletree(林檎林) | URL | 2017年10月30日(Mon)22:02 [EDIT]


いえいえ・・・ご覧の通りのお手軽作品ですので・・・
今回も「参加することに意義がある」ってことで、枯れ木も山のナントカですw

島山 | URL | 2017年11月01日(Wed)02:54 [EDIT]


>島山さま
おお!モーターライズ!
実はなにげに色々予算かけてるような…

appletree(林檎林) | URL | 2017年11月01日(Wed)21:52 [EDIT]


大きな声じゃ言えないんですが・・・

>おお!モーターライズ!
確かにたまごボディはモーターとか仕込みやすそうですが・・・
撮影時にドライヤーを左手で構えて冷風を正面から当てて、クルクル廻してるだけなのですw

島山 | URL | 2017年11月02日(Thu)02:28 [EDIT]


ガーン( ̄◇ ̄;)

appletree(林檎林) | URL | 2017年11月02日(Thu)22:40 [EDIT]