林檎林

作りたい物を作りたいように作るさ~

スジ彫り

胴体のカタチがだいたいできたんで、スジ彫りを始めました。(´ー`)


IMGP5957ll.jpg

背中をカーゴルームに見なすため、それなりのパネルラインを描いていきました。
あと、機首左右の小さなエアインテークは削り取って埋めてしまいます。
これターボジェットエンジンのエアインテークとしては役立たないですよね。
Jet VTOLのジェットは、何か別のもの を噴射してるんでしょう。

IMGP5962ll.jpg

胴体中央部にあった大きなドアは単なるパネルラインに変貌させ、
コクピット乗り込み用のドアを新規で彫っていきました。
けっこう目立つ位置だし一発で成功させたいんで……

IMGP5969ll.jpg

こんなテンプレートを作って作業し、ミスなしで彫れました。
やっぱり、焦らず 急がば回れ、は大切だなあ。

IMGP5974ll_S.jpg
拡大
で、800番の紙ヤスリでスジ彫りのささくれを落とし、1回目のサフです。
あんのじょう、接着合わせ目やヤスリ傷、中途半端なスジ彫りがけっこう残ってますが、
これぐらい全然想定内っす。

apple02.jpg

つづく


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 これは、S120番代のシリアルを持つVTOL機になるのでしょうか?
>何か外国にでもお手本があったんでしょうか?
 無かったからこそ、成功した、と云ったところのようです。
だいたい、都市間高速鉄道を都市内高速度鉄道、地下鉄のように走らせる、なんて言うのは日本国鉄しか思いついていませんし、成功していませんから。
 そのかわり、新幹線を鉄道として成熟させるための努力は、想像も付かないぐらいの大変さだったのも確かですが。

bad.Ⅳh-95 | URL | 2017年03月15日(Wed)20:41 [EDIT]


>bad.IVh-95さま
てことは、新幹線のスタイリングは日本オリジナルですか。
当時の旅客機イメージでよくまとめましたよね。
レドームに見立てた連結器カバーとかカワイイです。(´∀`)

appletree | URL | 2017年03月16日(Thu)22:37 [EDIT]


レドーム

 実のところ、新幹線開発時代、時速200キロ走行の安全確保のため、レーダーで前方を監視するというアイデアが出され、航空技術者から転身してきた鉄道技術研究所の技術者が実験をしています。
 ただ、検知した画像は人間が判断するしか無いことと、鳥を検知した場合、警報を出したとしても対象は飛んで逃げちゃう代物なので、役に立たないことが判っただけで終わっています。
 あと、1000形車輌は前部標識灯に代わるものとして蛍光灯を内部に仕込んだ光前頭と呼ばれる構造を装備していますが、鴨宮モデル線で試運転に携わっていた運転士さんによると、20ワット級蛍光管20本程度では、せいぜい人魂がぼんやり光っている程度だったそうで、0系では採用されていません。21世紀の高輝度白色Ledでも仕込めば、もしかしたら使えたかも知れませんが。
 また、0系の最初期車は前頭カバーを乳白色のアクリル製として前照灯から漏れた光がバルクヘッド部(車内の気密を保つ仕切り)のガラス仕切りを通じて照らされる構造となっていましたが、アクリルカバーは鳥との衝撃事故で割れる事態が相次ぎ、結局、強度的に有利なFRP製の不透明なカバーに交換されてしまった、という話もあります。

bad.Ⅳh-95 | URL | 2017年03月17日(Fri)20:18 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017年03月24日(Fri)01:55 [EDIT]


>bad.IVh-95さま
まあレーダーで何か発見してもヒョイって避けられないですからね。(´∀`)
スタイリングに関しては、当時の世界に類例はなさそうですね。
プラモあったら作りたいかも。

>名無しさま
いきます!

appletree | URL | 2017年03月25日(Sat)10:47 [EDIT]


 新幹線車輌のプラモデルは、フジミかアオシマがむかーし、昔、出していたかも知れません。
 まあ、云うと鉄道模型になってしまいますが、Bトレインショーティとかありますね。

bad.Ⅳh-95 | URL | 2017年03月25日(Sat)18:10 [EDIT]