林檎林

作りたい物を作りたいように作るさ~

にせコスモゼロ(3)

さて、プラモ自体はあっさり完成しちゃったので、
スタジオ撮影(実は家の机)やら、
ロケ撮影(都内某海岸)など、撮影でいろいろ遊んでます(´∀`)




IMGP5518.jpg

電気スタンドに付いてるのは、
ボール紙とトレーシングペーパーで自作したディフューザーです。
原価はタダで、効果大っすよ。





撮影はまだ続きます。
次は特撮。

IMGP5537.jpg

プラモの箱絵を参考に、かっこいいアングルを探してます。
レンズは21mm。
迫って来る感じが出て、また気持ち鼻が高くなって男前になります。
キリヌキ合成をするんだけど、空の写真を背景にしておきます。
キリヌキがヘタでも目立ちにくいのです。

IMGP5544.jpg

にせブラックタイガーのときも使った、
1/1150の戦艦大和(完成品)です。
船体に映る青みを出すため、やはり青いものを背景にします。

haikei.jpg

背景の画像をどこからか探して来ました。


んでまあ、フォトショップ上で
切ったり貼ったりブラしたりぼかしたりして・・・
ちゃちゃっと完成。(・∀・)ドゾー

Shinden-zero_katsuyaku.jpg
拡大
プラモの箱絵みたいに見えるかな? ( ̄∀ ̄ )




さて、最後にまた設定の話にもどります。
問題は、カタパルトから華麗に発進した古代クン、
どうやって帰って来ればいいんでしょうか (´∀`)?
飛行デッキはないし、着水のためのフロートもない。
いっそでっかい虫取り網で・・・


これについては2MC参加者のチャット(通称ギコバー)で
貴重な助言をいただきました。






       真田サンなら何とかしてくれる。


                         完










<後日談>

という作品を2MCにエントリーした際、
「どうやって帰ってくるか?」という問題に関して、
HG名無しさんからとても貴重な情報を教えていただきました。
まずは写真をご覧ください。

Hurricane1.jpg


      か、帰ってこれねえw


念のために補足すると、実戦ですよこれ。
飛行デッキも無く、水上フロートも無い。
カタパルトから発進したホーカー・ハリケーンは、
空戦したあとどうすんの?


というところから話が始まって「北欧空戦史」という本の存在を知りました。
写真はその1エピソードです。
たいへん面白い本です。勉強にもなります。
答は、本の中で。

apple02.jpg

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する