林檎林

作りたい物を作りたいように作るさ~

なるほど難しい

さて、ハセガワ1/48のトムキャットと言えば、
「1/48トムキャットの最高峰」と言われる反面、難物イメージもつきまとうようです。
ビビリのぼくは思わず尻込みしちゃうんですが、とりあえずスタートです。(´ー`)
説明書どおり、まずはコクピットから。


IMGP3843ll.jpg

このキットは80年代の発売だそうで、CADなどない、あるいは未発達な時代に、
よくまあこんなに作り込んだもんだと思います。
モールドの再現度は、アフターパーツなんか要らない です。ぼく的には。
その代わり、コクピットの操作パネルなんかはユーザーが貼っていく仕様。
ダボ穴もなく、厚みも適切に(元の1/2ぐらいの厚さまで)調整しなければなりません。

IMGP3848ll.jpg

コクピット下の前脚収納庫もご覧のとおりです。
すっごく立体的なモールドと引き換えに、4枚のパネルを箱組みすることになってます。
そしてやっぱりダボ穴やガイドなし。調整、調整、また調整。
こういう構造の積み重ねが「難物」と言われる由縁なんですね〜。
走り始めたばかりなのに、早くも前方に難コースが見えてきましたよ。

apple003.jpg

つづく


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ガウに続いての紫の成型色(!)が目に痛いですね(笑)
難物と言われるこのキットをどう仕上げられるのか
楽しみです。
私は多分 1/48 のキットを作る機会は無いと思いますが・・・(置き場所無いし)


ツムリ | URL | 2016年03月16日(Wed)23:32 [EDIT]


 うわー・・・こういうキット、ってあるんですね・・・
いつ頃完成するのかしらん・・・?

bad.Ⅳh-95 | URL | 2016年03月17日(Thu)20:09 [EDIT]


>ツムリさま
ムラサキもだんだん慣れますけどね。(´∀`)
地味なブログがちったぁ派手になってよろしいかも。

>bad.Ⅳh-95
それでも推せるキットだと思いますけどね〜。
完成は、うーん夏までには……

林檎林 | URL | 2016年03月19日(Sat)07:34 [EDIT]