林檎林

作りたい物を作りたいように作るさ~

旅客機です

昔の航空会社のポスターって、「ディスティネーション」
つまり行先をモチーフにしたビジュアルが主流だったようですね。
旅先の景色や文化を当時一流のイラストレーターが描いてたりして、とてもステキです。
ぼくもエールフランスの南アメリカ路線の大判ポスターを家に飾ってたりします。

このパンナムのポスターもステキと思いませんか?
奥のボーイング314で今まさに南洋の島に着水せんとするお客(あなた)を、
現地で迎える人(美人)の視点で描いた構図が素晴らしいですね。
これより説得力のある広告ってそうそう無いと思います。
ああ、こんな飛行艇でトロピカル・アイランドに行ってみたい……(´∀`)

panam396ll_L.jpg


さて、このブログの制作記は、ノーマルに作って行くと思いきや、
徐々に脱線していくパターンが多いのですが、今回は先にネタばらししちゃいます。
ブローム&ホスBV222、旅客機仕様 にいたします。

といっても、まるきり空想ってわけでもなく、
そもそもこの機体は、当初はルフトハンザの発注で計画されていたのが、
戦争のために軍用機に計画変更されてしまったものなんですね。
もし平和な時代が続いていたら、ボーイング314のライバル(ほぼ同サイズ)として、
世界の海で活躍していたことでしょう。

では能書きはこれぐらいにして、やっと制作記に入ります。まずは機首から。

IMGP2498ll.jpg

機首の銃座を埋めちゃいました。

IMGP2493ll.jpg

ドアをオープン状態にしようと思ったので、内部をちょびっと作ってみました。
てことで、先は長いよ。

apple02.jpg

つづく


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 Pan=Amはジェット機の時代になっても機体に愛称、シップネームを付けていたようですが、その中にClipperを冠する名前があるのは、飛行艇時代の名残と聞いたことがあります。
 英語としての意味は「快速帆船」の意味で、英吉利が印度から紅茶葉を運ぶために運用していたTeaClipperが代表選手です。
 なんか、大航海時代を彷彿させますが、飛行艇の愛称には丁度良いのかもしれません。

bad.Ⅳh-95 | URL | 2015年06月24日(Wed)20:46 [EDIT]


実はたぶんそうじゃないかと予想してました(^ ^)旅客機お好きなんですね〜
でも工作的にはかなり手間がかかりますよね、ギャラリーは気楽ですが、、(^_^;)
(迎える美女とかも作るってことですよね⁈)楽しみにしております!

MACK | URL | 2015年06月24日(Wed)22:14 [EDIT]


>bad.Ⅳh-95さま
クリッパーってネーミングは秀逸ですよね。
ネイティブにとっては普通なのかしらん?
ぼくは実は帆船にもちょびっと興味があって、
カティサークとかいつか作るかもしれません。
たいへんそうだけど。(´∀`)

>MACKさま
ありゃー見破られましたか。
コニー、コンコルド、Ju52、に続いて4機目の旅客機になります。
ネタとしてはやや安易、というかワンパターンですかね。

林檎林 | URL | 2015年06月26日(Fri)23:00 [EDIT]


 ヒコーキ関係の用語、英語由来が多いですが、それも海事用語に由来する物が多かったりしますね。だいたい、機体の愛称にしてもShip nameだったりしますし。
 何となく右翼、左翼と言うより、右舷、左舷と言った方が格好いいような気がしますし、英語ではstarboardsideとportsideです。
 TB第1話、高速エレベーターカーへの着床を試みるファイヤーフラッシュ号が最後の瞬間、左の着陸脚収容ポッドを滑走路に擦るかも!というところで、バージルが「Lift portwing!Lift portwing!」と連呼しています。日本語版だと「左翼を上げろ!左を上げるんだ!」と叫んでいるアレですね。
 まあ、あの段階で左翼を上げる操縦って、ムリゲー過ぎな気もしますが。あと、仕業前点検は徹底しましょう。コケたり、速度が同期しないようでは困ります。

bad.Ⅳh-95 | URL | 2015年06月27日(Sat)10:16 [EDIT]


>bad.Ⅳh-95さま
おお、あのクライマックスシーンにそんなセリフがありましたか。
港に接舷するときは左舷っていうルールは世界共通みたいですね。
なんでそうなったか不思議っちゃあ不思議です。
(´∀`)

林檎林 | URL | 2015年06月28日(Sun)22:07 [EDIT]