林檎林

作りたい物を作りたいように作るさ~

デカールと仕上げ

いまさらですが、いちおう実機についても資料リサーチ(笑)してみました。(´ー`)


tracter_1.jpg

モデルになったのは、エアトラクター社のAT-502という機体らしいです。
ぼくはてっきりP-51Dがモデルかと思ってました。
農薬散布機とか 農業機 って言われるジャンルですね。
なかなかカッチョいいじゃありませんか。ラジコンモデルとしても人気あるみたいです。
で、実機を観察してディテールアップというようなことはなく、
いよいよデカール作って貼ったら完成です。

dusty_decal_2.jpg

デカールは、キット付属のシールをスキャンして、
イラストレーターでトレースして作っていきました。
データ欲しい方がいらっしゃいましたらPDFでお分けしますよ。

IMGP2178ll.jpg

デカールベースは株式会社ケイトレーディングの「ミラクルデカール」という製品です。
自宅のインクジェットプリンタで印刷できるのはいいんですが、
いまいち黒の締まりが弱いんですよね〜。(´д`)
やっぱり会社に忍び込んでカラーレーザープリンタで…
いやイカンイカン、それをやっちゃあ サラリーマン生活が危うい…

でもフィルムの性質自体はほぼ通常のデカールと同じように使え、
マークセッターを使えばフィット感も良好でした。

IMGP2183ll.jpg

てことで、あとはいったん全体をクリアでコーティングして、
エナメルのベージュでウォッシング兼スミ入れして、
もう一回つや消しクリアでコーティングして、
別途塗装してあった小パーツを取り付けて、
おまけにタミヤウェザリングマスターでちょびっとお化粧して、
ダスティ完成です。ヽ(´▽`)ノ

IMGP2188ll.jpg

ホントは農業機といえどもツヤピカ仕上げが正しいんでしょうが、
ここはひとつ、ホコリと農薬にまみれて働くダスティっていう イメージ です。
まあ、軍用機の作例を観るとコレデモカって汚してあるのもありますが、
そこまでキタナくはできませんでした。
キレイにキタナくするのってムズイなあ。

さて、これだけじゃ何なので、ベースでも作ろうかなって思い立ちました。

apple02.jpg

つづく


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 面白い(?)ことに、アメリカには日本のマスコミが知らない
航空機メーカーがいくつもあるようで。
 ダスティのような農業機は、日本で言うところのヤンマーや
クボタのような会社が造っているようで、かなりの生産規模で
造っているようです。
>ウェザリング
 日本の農家だって農機具は丁寧に使っていますから、ピカピ
カでなくても、煤けきったようでは違うのかも知れませんね。
 

bad.Ⅳh-95 | URL | 2015年05月10日(Sun)07:52 [EDIT]


>bad.Ⅳh-95さま
そうそう、ヤンマー、ヰセキ、クボタの世界ですね。
日本じゃトラクターやコンバインを買って黒字にできる農家って限られるのに、
飛行機で農薬まくって、アメリカの田んぼってどんだけ広いんだって話です。
そういえば、トウモロコシ畑が舞台になってる映画っていろいろありますね。
やっぱアメリカ人の心の風景なのかしらん。
(´∀`)

林檎林 | URL | 2015年05月14日(Thu)22:12 [EDIT]