林檎林

作りたい物を作りたいように作るさ~

本塗装

マスキングが完了したので、いよいよ塗装にかかりました。
順序的には、
1 ブラック  キャノピー枠の透け防止と電飾の遮光のため(必要部分のみ)
2 グレーサフ そのブラックを隠すため(必要部分のみ)
3 白サフ   本体色レッドの下地
4 本体色
という具合に進めていきます。ここまで前半。(´ー`)


IMGP0654ll.jpg

白サフです。今回もアンコウの吊るし切り方式で塗っていきます。
洗濯物ハンガーが あつらえたように ぴったりサイズで大活躍です。
昔は大型機でもエアブラシで1時間ぐらいかけてちまちま吹いてましたが、
最近は無精になって、手早くできるカンスプレーもなかなかエエワイと思ってます。
カン1本使い切りました。

IMGP0658ll.jpg

本体色は2パターンから選べ、シルバー基調のほうが無難な選択かと思いますが、
あえて 珍しい、ハデで目立つ、ドイツっぽくないレッド基調にしてみます。
色はMrカラー79番「シャインレッド」で、カンスプレーもビンもあります。
まるで童話の挿絵のヒコーキみたいにカワイイ印象になってきました。
にしても、スプレーが周りに飛び散ってなかなかヤバい状態です。
ヘタに敷物を敷いてたから返って目立ってます。(´д`)
家の中でやらなくて良かった。カンスプレー恐るべし。

で、前回の記事でえらそうに、ノウハウ伝授みたいに書いたキャノピーですが、

IMGP0660ll.jpg

やっぱりレタッチの嵐でした。(´д`)
レタッチ前の写真が無いのですが、面相筆や綿棒ではみ出た塗料の拭き取り3時間、
まあ、まあまあに仕上がったかなあ。
本来はレタッチって仕上げの微調整って意味なんでしょうが、こんだけ時間かけちゃ、
むしろレタッチが「本番」、マスキングや塗装はその準備って感じです。

apple003.jpg

つづく




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 確かにリンゴ色のヒコーキってのも珍しいけど、好いですね。(余りに単純な感想・・・)
>飛ぶ教室
のヒコーキも、挿絵では色が分かりませんが、こんな色だったらおもしろいかも。
>アメリカン・ドリーム
ホントはどうなのかなぁ・・・。スティーブ・ジョブズ位の天才的な弩級変人でも無いと、達成できない気もします。チャンス、スタートという点でも平等ではない気もするし、リスクを取ろうとしないでリターンばかり望む投資家は、本当の先進的研究者の天敵かも。
>キット・ハウス
 大草原の小さな家ではローラのお父さんは自力で小さな家を建ててたけど、その延長上、ですかね。

bad.Ⅳh-95 | URL | 2014年10月18日(Sat)11:06 [EDIT]


>bad.IVh-95さま
apple製品はすばらしいデザインでぼくもいろいろ使っててますが、
なぜかそんな革命って感じしないんですよ。ひねくれてますかね?

そういえば、9月はiPhone6が売れまくったせいで、貿易赤字が拡大し、
ひいては消費税率改定に影響しかねないってことですよ。(´∀`)

林檎林 | URL | 2014年10月21日(Tue)22:26 [EDIT]