林檎林

作りたい物を作りたいように作るさ~

客席とか

てことで、客室内を作っていきました。(´ー`)
キットとして十分な造形がなされているのは嬉しいのですが、やっぱり手間どります。


IMGP0479ll.jpg

客席は、スモーキングエリアありなしの2パターンのうちから選べます。
何とこの時代から分煙思想があったんですね。(´ー`)y-~~
スモーキングエリア付きは隔壁が1枚多くて、座席は通常より1席少ない11席です。
ぼくは 何を隠そう 喫煙者なので、喫煙ありのパターンにしようと思います。
というか、見た目に変化があって面白いかなと。

説明書では、喫煙ありの機体のシート色はグリーンになっていますが、
無視してベージュにしてみました。Mrカラー19番「サンディブラウン」です。
エナメルで一段濃いめのベージュを作り、ウオッシングしました。

IMGP0476ll.jpg

客室の壁は基本的に明るいベージュ。Mrカラー313番「イエローFS33531」です。
狭苦しいですが、ちゃんと洗面所とトイレが再現されてます。
トイレの模型作るのは最初で最後だろうなあ。(´∀`)
壁面と一体成形なので、ちまちまマスキングして塗り分けました。
洗面所の鏡には(黒く映ってますが)ミラーフィニッシュを貼ってみました。

IMGP0484ll_S.jpg
拡大
で、ボディに詰め込んでいきました。
フレームはパイプむき出しですが、全席本革シートはなかなかゴージャスです。
たぶんリクライニング機構も付いてたと思うんですが、
当時の人も、リクライニングを倒す倒さないでモメてたんでしょうかね?

apple02.jpg


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

いろいろと

>椅子
 前にも書いた妹尾河童さんによると、一見同じように見える椅子でも、欧州製は座り心地や疲れにくさが段違いだそうで、椅子の文化は厳として存在するんだなぁ、と思いました。
 オバちゃんの椅子も、一見、シンプルに見えますが、それなり以上の乗り心地だったのでしょうね。
>分煙思想
 私の手元にあった模型とそのカタログで行くと、19世紀後半にはドイツの各領邦や周辺国の鉄道の客車には普通に禁煙車と喫煙車が存在していたようです。
 出入口付近や車輌や事業者によっては各窓下に、禁煙車なら赤地に白文字で「Nicht Raucher」、喫煙車なら白地に黒または紺色の文字で「Raucher」の掲示がしてありました。
 私は非喫煙者なので、どっちでも良いのですが、当時の模型屋の常連さんには喫煙者が多く、半分冗談、半分本気で、「模型でも禁煙車だらけ、ってのはヤだなぁ」とか言っていました。私の持っていたICE-Ⅰは中間12両のウチ、1等1両、2等1輌半しか喫煙席がないことになっていましたし。
>喫煙者
 以前カキコした「飛ぶ教室」では、主人公の少年達が在籍する高等中学校(ギムナジウム)の隣の敷地に菜園村が有り、そこに学校の生徒達から「禁煙さん(訳者によっては「禁煙先生」)」と呼ばれる男性が暮らしている、ことになっています。
 禁煙さん、と言ってもかなりのヘビースモーカーなのですが、そう呼ばれるのは、ドイツ国鉄(1933年発表からしてDRG、ワイマール共和国全額出資の特殊会社としての独逸国有鉄道公社でしょう)払い下げの2等禁煙車を改造した家に暮らしているからです。
 ドイツの客車もコンパートメント一本槍で無く、近郊向け車輌では開放室型もあったので、車内にどのような改造が施されているかは不明ですが、客間兼用の書斎、寝室、キッチン等がしつらえられているようです。洗面所は元の客車のトイレが使えそう(?)で、後はシャワーがあれば何とか住まえそうです。
>室内装備
 鉄道模型の場合、まず、安定した走行が求められるため、車内を眺める専用の車両は、別系統の愛好と考えられる傾向が強いかも知れません。
 走行中の車内は、外部からは伺うのが関の山ですし。 
>禁煙車と喫煙車
 ケストナーが別の作品で登場人物にこんなことを言わせています。
「鉄道の禁煙車では喫煙が禁止されているのと同じように、喫煙車で喫煙しないで居ることが禁止されたっていいじゃないか」というのです。ついでに「たばこも吸わずに居る旅客から車掌が罰金を取って禁煙車に移動するよう命じる、ってことがあれば、痛快なのに」らしいです。
・・・どこまで本気なんだ?・・・ケストナーは重度のマザコンを、それも、こじらせた形跡がある人ですが。

bad.Ⅳh-95 | URL | 2014年09月17日(Wed)20:17 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014年09月18日(Thu)11:04 [EDIT]


>bad.IVh-95さま
いつもコメントありがとうございます。
なかなかお返事が書けなくてすみません。

そんなに昔から分煙ってあったんですね。
ぼくが学生の頃までは在来線でも普通に吸えましたよね。
日本てこの分野では遅れてたんでしょうか。

 >喫煙車で喫煙しないで居ることが禁止されたっていい

たしかにこれは痛快(´∀`;)

最近増えてきたオサレなカフェは、喫煙者には無縁なのがくやしいです。
コーヒーも好きなのに…

林檎林 | URL | 2014年09月23日(Tue)22:56 [EDIT]


喫煙車の反則金

 作品としては「一杯のコーヒーから、または小さな国境往来」という短編の中で主人公がつぶやく台詞、正確には主人公の日記から、という体裁をとっている作品の、1937年8月下旬の記載内容、です。

bad.Ⅳh-95 | URL | 2014年09月24日(Wed)20:08 [EDIT]