林檎林

作りたい物を作りたいように作るさ~

各翼の取付け

さていよいよバラバラに作ってあった各翼を取り付けていきます。(´ー`)
パーツの合いは悪いです。差し込みダボはけっこうガタガタしてます。


IMGP3217mm.jpgIMGP3223mm.jpg

主翼は、前エッジと胴体の接合部に1mmぐらいのスキマがありました。左右とも。
これは接着してからパテ充填じゃあしんどそうです。
で、今回はポリパテでフォルムを作ってから接着、という手法を試してみました。
タミヤのポリパテを主翼側に盛っておいて、胴体側にはリップクリームをトフし、
ムギューっと押し付けて硬化したら外して成形していきました。

IMGP3226mm.jpg

水平尾翼は全体が動く「スタビレーター」です。
スタビライザー(水平安定板)+エレベーター(昇降舵)でスタビレータですね。
したがって胴体との接点は1点のみなので、そのためのダボ穴が開いてます。
でもこれだけだと強度も不安、角度も不安なので、左右を繋いでおこうと思いました。
これなら塗装後に後ハメできるし、あわよくば 可動にできるかもしれません。
設計図に合わせて穴の方向を決め、1mmシンチュウ線で接合です。

IMGP3237mm.jpg

ていうことで各翼を取付け、ようやく「士の字」達成です。ヽ(´▽`)ノ
話は前後しますが、垂直尾翼から背骨(?)へのライン出しも手間食った〜。
スタビレーターは、目論見どおり後ハメ&可動が実現できました。
実機では、駐機状態だとスタビレーターが垂れてる写真が多いんですよね。

やっぱヒコーキはヒコーキの形してると嬉しくなるわ〜
大昔のアニメや特撮でよく見たような形だなあ。

apple02.jpg

つづく


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

全浮動翼

なんていう言い方もありますね。
効率は佳いらしいですが、模型的
には安定していて欲しいところで
は?
世傑のSAABドラケンの巻でも地上
駐機中のエレボンが垂れている写
真がありました、

bad.Ⅳh-95 | URL | 2014年06月22日(Sun)12:00 [EDIT]


>bad.IVh-95さま
一点でのみ接してるのって、強度も心配だし、
パーツの精度が良くないとガッタガタに見えますから難しいです。
パテで隙間を埋めてしまうわけにもいかないですし。
でも、撮影やディスプレーするとき思い切り垂らしとけばいいのです。(´∀`)

林檎林 | URL | 2014年06月25日(Wed)22:56 [EDIT]


 そういえば、エアバスが落っこちたり、落っこちかけたりした事故がしばらく前に続いておきましたが、あの尾翼と水平安定板も結構複雑に動けるようになっていた気が・・・

bad.Ⅳh-95 | URL | 2014年06月26日(Thu)22:08 [EDIT]


>bad.IVh-95さま
ぼくは「全浮動翼」にするのは運動性能の追求の結果だと思ってたんですが、
効率がいいんで旅客機でもけっこう使われてるらしいですね。

林檎林 | URL | 2014年06月27日(Fri)22:48 [EDIT]