林檎林

作りたい物を作りたいように作るさ~

コクピット

今回の制作は素直にスケールモデルに取り組んでいるわけですが、
ぼく的にはひとつ技術的挑戦、つまり初めてやってみる作業があります。
それは、アフターパーツへの置き換えです。(´ー`)


キットのコクピットは、計器板もサイドコンソールも 真っ平ら
デカールを貼る仕様では1/48としてだいぶ辛いです。
それにコクピットだけでもキリッとしてれば全体の印象も締まるような気がします。
で、AIRES製の「1/48スーパーセイバーコクピットセット」を調達しました。
ホビーランドというネットショップで¥1,470。

IMGP2867mm.jpg

説明書では「アカデミーのキットにおすすめ」とありまして、
アカデミーのキットなら何の迷いもなく組み込めるのかもしれませんが、
ぼくのエッシーキットでは上下前後の位置決めをしてやる必要があります。(-_-;)
元のパーツを嵌めるところには大振りな突起があるのみで 手がかり になりません。
おまけにボディ側の精度も頼りにならず、ほとんど確実なことが無かったのです。

ところで、「ピクロス」あるいは「お絵描きロジック」ってご存知でしょうか?
縦と横の数字をヒントに画面を正しく塗っていけば絵が見えてくるってゲームです。
最初はどこから塗ったらいいのか分からないんですが、
1つ確実な手がかりがみつかれば、それが次の手がかりになっていき、
しだいに全体の構成が決定されていくんですね。

このコクピットの位置決めも同じで、最初はほとんど手がかりが無かったのが、
あれこれやった結果、唯一確実だったのは前脚収納庫の位置だったのです。

IMGP2963mm.jpg

前脚収納庫を基準にしてプラ板を積層し、コクピットの土台にしていきました。
とまあ、いかにも ロジカル に位置決めしたみたいですが、最終的には見た目です。
実機写真と見比べながら、まあこんなもんじゃね?ってことで。

apple003.jpg

つづく


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんなもんじゃね?

 いつの間にやら東海道新幹線も無事に半世紀を経過しますが、0系車両の1号編成、N1の建造記録がDVDで復刻されていて、手元にあります。
 DT200台車は日本車輌で内製しているのですが、その中にいろんな治具を駆使し、完成した台車枠の検査を行う場面があります。
 ちょっとした工夫で良い仕事、という例だと思います。

bad.Ⅳh-95 | URL | 2014年05月10日(Sat)06:59 [EDIT]


>bad.IVh-95さま
面白そうなDVDですね。
そういえば新幹線の開業は1964年10月で、今年50周年なんですね。
鉄道趣味の方、というか国民的に話題になりそうです。
「世界に誇る」って話ばかりだとちょっとウザいんですけどね。(´∀`)

appletree | URL | 2014年05月11日(Sun)21:47 [EDIT]


世界に誇りたがる

・・・のは良くモノを知らないマスゴミでしょう。
新幹線、といえる高速鉄道のすごさ、というよりとんでもなさは、日本人もなかなか理解できるモノではありませんので。
>東海道新幹線電車製作の記録
日本車輌がプロデュースする鉄道趣味の販売サイト「日車・夢工房」から注文できます。
突っ込みどころ満載の記録映像ですが、時代の息吹を感じる映像です。

bad.Ⅳh-95 | URL | 2014年05月11日(Sun)22:01 [EDIT]


>bad.IVh-95さま
どうも最近のマスコミさんは、ネットにおもねってか、
日本の科学技術や文化バンザイ的なネタが多くなった気がします。
まあ、耳アタリはいいんですけどね。
新幹線の特集も、10月ごろには山ほど観られるんじゃないでしょうか。

appletree | URL | 2014年05月13日(Tue)22:28 [EDIT]