林檎林

作りたい物を作りたいように作るさ~

ヤマト2199(ネタばれ注意)

  森雪です、こんにちは。
  そろそろ夏も終わりですけど、いかがお過ごしですか?
  雪のイスカンダル旅行記、観ていただけましたか?
  生きたり死んだり生きたり死んだり、いいかげんにしてほしいわ。(´∀`)
  そうそう、イスカンダルでは海水浴もできたんですよ。
  でも、ホントは林檎林さんといっしょに行きたかったな (*ノ∀ノ)

IMGP1652mm.jpg


てことで、宇宙戦艦ヤマト2199最終章を観てきました。
映画の内容的には、ぼくとしてはほとんど満足なんですが、
だいぶナゾも残ったなあ、ってのが正直なところです。

・人類(地球人・ガミラス人他)の起源の件
 これのタネ明かしがとても楽しみだったのになあ。
・デスラーは何を考えてるかの件
 グラディエーターの皇帝みたいな狂気なキャラはイイと思ってたんだけど、
 終盤の行動原理が 逆シャアのシャア 並みに分かんなかったっす。
・コスモリバースの原理と効果の件
 これの働き方のルールが作品の世界観ルールだと思ったり。

ぼくの理解力が足りないのか?
ひょっとして「失われた10分」に含まれてるのか?
でも一から十まで説明されるより、談義の余地があっていいのかも?

かつて同じアニメにやられた鑑賞者がその後制作者となり、
全編に「分かってる」感じがするのはすばらしいなあと思いました。(・∀・)
ちょうどスタートレックの映画もかかってるけど、
大の大人が鑑賞できるアニメリメイクとして日本初の成功例かもしれません。
これが「文化」 ってやつですよ。なんちて。


ともあれ、去年の4月から足掛け1年4ヶ月、大いに楽しませていただきました。
¥1,500×7回で、約1万円貢いだことになります。
さらに「設定資料集(地球篇)(ガミラス篇)」もポチっております。
さらに来年には1/500の2199版ヤマトキットも発売予定とのこと。
このうえブルーレイは・・・

apple02.jpg


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

あるノベライズ版では

 イスカンダルで人類が手にするのは、放射能耐性を与える
よう、DNAを書き換える遺伝子操作システムで、汚染された
地球はそのままして、ガミラス人と同様の生態を持った新人
類が暮らせるようにする、という結構乱暴なものでした。
 で、デスラーはガミラス主星を管理する人工知能が生み出
した合成生命だったような気もしています。
 また、ヤマトを影からサポートする宇宙海賊船ファントムと
指揮官のキャプテン・ハーロックも登場し、実は沖田十三艦
長の生き別れの息子、という、松本先生もびっくりな設定ま
で入っていました。
 以上、少年向けSF文庫みたいなシリーズに含まれていた
作品についてでした。
 しかし、どう見てもギャグの暗黒面に落ちている気がします。

bad.Ⅳh-95 | URL | 2013年08月27日(Tue)23:49 [EDIT]


>bad.IVh-95さま
ノベライズ版なんてあったんですね。
あーそういえばラジオドラマもあった。(´∀`)

しかし後付け設定ならもうちょっと考えてほしいですね。
DNA書き換えるぐらいなら人類絶滅したほうがマシ?
んでも今度のコスモリバースも良く分からないんですよ〜。

appletree | URL | 2013年08月28日(Wed)23:46 [EDIT]