林檎林

作りたい物を作りたいように作るさ~

電飾2

そして灯台です。目立つんでがんばらんと。(`・ω・´) シャキーン


IMGP1558mm.jpg

まずは屋根の頂点に穴をあけ、6.3mmのプラパイプを差し込んで土台としました。
穴の周囲はだいぶんガタガタになっちゃったんでパテで必死に修理です。
穴開けはやっぱりもっと慎重に、ピンバイスで少しづつ広げてけばよかったな。
6mmの電動ドリルを いきなり突っ込む のは無謀だったわい。

IMGP1580mm.jpg

光源は、今回初めて「自動点滅」に挑戦いたします。
ぼくは電子回路はサッパリ分からないのですが、幸い多くの店で売ってる、
株式会社イーケイジャパンの「LED調光・点滅キット」組み込もうって寸法です。
みなさま、ぼくにもついにICを扱う日が来ましたよ。ヽ(´▽`)ノ

IMGP1590mm.jpg

工作は、所定の位置にパーツを差し込み、裏でハンダで止めるだけ。
小学生の夏休み工作ですね。ハンダ付けは お父さんに教えてもらおう!
LEDケースは5.5mmのプラパイプの内側にアルミホイルを貼りました。

IMGP1644mm.jpg

クリアランナーの中を下から照らす光を90度曲げて水平に拡散するため、
V字型の穴、正確には3種類のピンバイスで階段状の穴を彫りました。
んで、丸いアルミホイルで蓋をして反射板にしました。
灯台のドームは削り出したプラ棒とプラ板の組み合わせです。
てっぺんには、誂えたような 真鍮削り出しパーツが余ってたので採用しました。
実はF-14用のアングル・オブ・アタック・プローブという部品です。

IMGP1627mm.jpg

本チャンの接着はまだですが、組み立てるとこんな感じです。ヽ(´▽`)ノ
で、かんじんの点滅ですが、とりあえず何の問題も無く点滅してます。

失敗だったのは、点滅回路の電源が3〜4.5V仕様なのに対し、
ホテル内部の電飾を9〜12V仕様で作っちゃってたことでした。
つまり、電源を2種類用意しなくちゃいけないのです。あーあスマートじゃねえぜ。
そういえば、できれば灯台もっと明るく光らせたいんだけど、
ボルト上げたらだめですよね・・・

apple003.jpg

つづく


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ダイオード

 Ledは(少なくとも単体では)逆電圧をかけない限り、
大丈夫なので、電圧の違いはそんなに問題になりません。
ただ、電流制限の方法を確実にしないと、電圧より、過電
流でLedはパンクしてしまうので、ご注意を。
適当な容量の抵抗を直列に繋いでやって電流の大きさを
一定限度に押さえる方法や、定電流ICなどで電流を制限
する方法があるようです。
 逆電圧に対する耐性は5V程度なので、テストの時は端
子と電源の極性をよくよく確かめて下さい。
 また、ダイオードという素子の特性上、順方向での電圧
降下が意外に馬鹿にならないので、それを見越して加圧
する必要があります。一定以上の電圧がかからないと光
らない、ようです。
 逆方向電圧による破壊防止には導通方向を逆向きにし
たダイオードを並列に繋いでやればいいわけで。鉄道模型
の場合、順方向側を白色または白熱灯色、逆方向側を赤
色にしてやれば、前照灯と尾灯の切り替えが何もしないで
出来るわけで。
 ただ、点灯回路のICは、規定電圧を何%か超えると素
子が破壊されちゃうはずなので、取扱説明書の諸元欄を
よく読んで作業して下さい。
 
>灯質・灯色
 白すぎるんじゃないか、とか思いましたが、受光面をクリア
オレンジで染めてやればいいでしょうね。
 灯質については、豚のアニメのシーンでホテルアドリアー
ノを正面から捕らえたカットのところで点灯周期が読み取れ
そうですね。
ttp://www.tokokai.org/story/index13.html
ここにレンズの解説があります。
 アドリアーノが実際に存在したとすると、灯具は中央に灯
源、その周りを筒状の覆いに180度相対して取り付けられた
レンズが回転しているようです。回転周期の1/2の点灯周
期で点滅することになるわけです。
>またまた長文ご無礼。

bad.Ⅳh-95 | URL | 2013年08月20日(Tue)20:30 [EDIT]


>bad.IVh-95さま
詳しい解説ありがとうございます。
半固定抵抗で点滅周期を調整できるのですが、
一番遅くしてもまだ早いかもしれません。
ヘタに改造して虎の子の電子回路キットを破壊するのは悲しいので、
素直に従うしかないかなあと。

appletree | URL | 2013年08月27日(Tue)23:01 [EDIT]


おつかれさまでした

 8月24日から25日で富山県の宇奈月温泉に、大学の鉄道研究会
OB会の集まりで、2泊3日分位のドタバタ旅行で行ってきました。
 その内容を書き連ねると、とんでもない分量になるので、止めてお
きます。
 なお、富山駅名物「ますの寿司」は美味しいです。
>点滅間隔
 想像以上に長いので、直列に固定抵抗を付けて、無理矢理
調整するとかって言うのは、止めておいた方が良さそうです。
 実物の灯台で特殊な点滅パターンをするもののうち、更新前
の場合、低速で回転するカムで接点を開閉していたそうです。
 今は流石に無接点化を目指してIC制御らしいですが。

bad.Ⅳh-95 | URL | 2013年08月27日(Tue)23:40 [EDIT]