林檎林

作りたい物を作りたいように作るさ~

小パーツ完成

いっぽうそのころ、本体の塗装と平行して小物も作っておりました。(´ー`)


IMGP0366mm.jpg

主脚と前脚です。何も追加工作してなくてこのディテールとは大したものです。
脚は「RML02グレー」を塗った後、薄いエナメルブラックでウオッシングしました。
タイヤは「タイヤブラック」を基本に、エナメルの「バフ」でウオッシング。
接地面をしっかり拭き取り、横面に多めにバフを残してます。

IMGP0362mm.jpg

脚カバーと爆弾倉カバーも同様にやっていきました。(´ー`)
ウオッシングは、平筆でバシャバシャ塗ってすかさず布で拭き取る、という
丸っきり自己流なんですが、一瞬で 仕上がるところが気に入ってます。
上級者の方がこのへんどうやってるのか一度見てみたいもんです。

IMGP0353mm.jpg

プロペラも塗装できました。
プロペラブレードもスピナーもブラックに見えますが、
Mrカラー18番「RLM70ブラックグリーン」という どシブな色その2 です。
ちなみに大戦初期はこれが本体の基本色だったとのことです。

余談ですが、ダラスの航空宇宙博物館でプファイルが展示されてるんですが、
ネットで見たら、機体内部が 全部シルバー で塗られててデタラメみたいですよ。

apple003.jpg

つづく


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

そのために

 色に関してはいくつかの表記法が国際規格化されているわけですが…
>ウォッシング
 目茶薄めたつや消し黒をさっとひとなで、ってのはワタシも20世紀中によく使っていました。
 工場出場直後をイメージした仕上がりの完成品が、交番検査を2回くらい受けた(全般検査から2~3ヶ月後)感じになって好かったです。
 言われるとおり、上級モデラーさんはどうされてるんでしょうね。以前、細かく削ったパステルをはたいてからウォッシュすると、ものすごくくたびれた感じになるのですが、廃車前提の留置中に見えちゃうので、程度問題、という話をカキコしたと思いますが。

bad.Ⅳh-95 | URL | 2012年12月24日(Mon)10:22 [EDIT]


>bad.IVh-95さま
飛行機って原則毎日基地に帰るからAFVみたいな汚れ方はしないんですよね。
でも今回のバヤイは、どうせですからそうとう使い込んだ、
もうスクラップ近いのを目指そうかと・・・(´∀`)

appletree | URL | 2012年12月28日(Fri)21:18 [EDIT]