林檎林

作りたい物を作りたいように作るさ~

塗装1

いよいよ冬本番ですが、本チャンの塗装にかかりました。
換気に気をつけて耐寒ガマン大会です。ヒィー(((゚Д゚)))

第二次大戦ドイツ機を作るのはほとんど初めてなんで、
どうせならウェザリングこてこてに挑戦してみようと思いました。
いろいろ参考書を読んで、基本塗装としては、
下面1色(ライトブルー)、上面2色(グリーンとダークグリーン)のところ、
それぞれ明るめに調整したハイライトを加え、計6色 を吹いていこうと思います。


IMGP0308mm_S.jpg
拡大
写真は、向かって左の翼が指定色のみ、右がハイライト入りです。
指定色のMrカラー115番「RLM65ライトブルー」を全面に塗り、
それに3割ぐらいホワイトを足した色をパネル内部に吹いていきました。

モノの本によると、塗装ってえのは指定色そのまんまじゃなく、
全体に明るめにしといたほうがイイ感じに仕上がるんだそうで。
それに、後でスミ入れやウォッシングするとその分ダークになるはずですからね。

IMGP0315mm.jpg

とりあえず下面は失敗なくできました。

apple02.jpg

つづく


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

明度

 確かに小さい色見本のまま、大面積に塗ると、ものすごく濃く仕上がる、というのはよく聞きますね。(湘南電車伝説、というやつ)
 色見本の段階で気の抜けた程度に調整して、なんとか、とも。
 或いは、指定色も少し明るめの調合になっているかもしれませんが。

bad. Ⅳh-95 | URL | 2012年12月16日(Sun)13:26 [EDIT]


>bad. IVh-95さま
そうそう、それです。スケール効果とか言うらしいです。
個人的感覚ですが、Mrカラーは彩度が高過ぎるような。
現物のドイツ機を見たわけじゃないんですけどね。(´∀`)

appletree | URL | 2012年12月19日(Wed)22:27 [EDIT]