林檎林

作りたい物を作りたいように作るさ~

コンコルド(24)エンジン3

土曜、日曜、春分の日を費やしてエンジンを仕上げていきました。(´ー`)
まずはエアインテークのシャープ化です。



IMGP4735nn.jpg

キットパーツはあまりにも堂々とぶ厚いので、
もしかして案外ぶ厚いの?と思いましましたが、実物は全く ペランペラン です。
で、内壁を削ってエッジをできるだけシャープにしてやりました。
内壁を削ったことで、当然ながら天井との間にスキマが出来るので、
天井パーツの一番手前の部分をプラ板で作り直しました。

IMGP4739nn.jpg

エアインテークの内部は、タービン以外は全部真っ白のようです。
タービンはまあ普通に黒鉄色とシルバーで塗り分けました。
なんか塗装って久しぶり。(・∀・)色が付くと楽しいわあ。

IMGP4744nn.jpg

てな感じで、一つまた一つとパーツを組みあげ整形し、
いったん消してしまったスジ彫りも復活させてやりました。

飛行機って、のぺーっとした曲面が続いたかと思うと、
突然手が切れそうなエッジやペランペランな薄板が出現しますよね。
プラモもそれを上手く表現できれば飛行機らしさがUPするように思います。
そういえば、モビルスーツ類の外板は「装甲」ってことになってますけど、
飛行機みたいなアルミモノコック構造をイメージして仕上げたら、
ヘンなもの が出来てオモロいかもしれません。


apple02.jpg

つづく

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

肝試し

 タービンの画像を見ていたら、アメリカのレーシングカーコンストラクター、シャパラルが作ったプロトタイプカー、2Jを思い出しました。
 車体形状や車体下部構造に頼るだけでなく、積極的に車体下部の空気を外部に吸い出すことでダウンフォースを稼ごう、という、ファンカー、です。
 しかし、同じ時代、強引にダウンフォースを稼ぐF1マシンが流行ったことについて、ニキ・ラウダは「あんなもん、ただの肝試しマシンじゃねーか」と言い捨てたとか。
 なお、グランドエフェクトに頼るマシンが何かの弾みでスピンすると、ダウンフォースが失われるばかりか、揚力が発生して宙に舞う可能性が高いそうで、その手の事故で何人かのドライバーが命を落としているそうです。

bad.Ⅳh-95 | URL | 2012年03月21日(Wed)22:14 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012年03月21日(Wed)22:22 [EDIT]


>bad.IVh-95さま
実はキットのタービン、実物とぜんぜん似てないんですが・・・
それにしても、ファン付きF1なんてよく実行したもんですね。重量もかさむでしょうに。
同じ理由で、VTOLのF-35はちゃんと完成するのか心配です。

appletree | URL | 2012年03月24日(Sat)23:23 [EDIT]


>名無しさま
なるほど、秘密情報(?)ありがとうございます。(´∀`)
良い思い出になるようがんばります。

appletree | URL | 2012年03月24日(Sat)23:32 [EDIT]