林檎林

作りたい物を作りたいように作るさ~

コンコルド(17)エレボン

♪エレボン、エレボン、エレボンボン♪(・∀・)
というわけで、主翼周辺の続き、エレボンです。



今の旅客機の翼には、エルロンや複雑な機構のフラップ、前縁スラット、その他の
「動翼」が装備されていて、それらを総合的に アレコレ してるわけですが、
コンコルドの動翼はとてもシンプルで、基本的にはエレボンとラダーのみです。
エレボンは6分割、ラダーは2分割、合計8枚の動翼で機体をコントロールします。
ちなみに材質は、鉄板だそうです。(´∀`)

プラモ的には、エルロンやラダーは割と後回しにすることが多いのですが、
コンコルドの場合けっこう目立つ、というかこのキットの場合「合い」も心配なので、
先に調整しておくことにしました。

IMGP4474nn.jpg

キットパーツは、押し出しピン跡がこんなアリサマです。これは黒い瞬着で修正。
表面がゆるーく波打ってるんで、紙ヤスリで一皮むいていきました。

IMGP4495nn.jpg

エレボンは下面のヒンジで主翼と繋がれ、その反対側はテープ状の板で補強されてます。
ここは0.3mm×1mmのプラ板で作り直し、できるだけ薄く削りました。
んで後端にナイフで切りこみを慎重に入れて分割を表現。
ホントは放電ロッドが10数本並びますが、どうも 好きじゃない んで無視です。

IMGP4498nn.jpg

主翼に取り付けるとこんな感じです。
実機写真をよく見ると、エレボンを動かすためのスキマがあるようなので、
ナイフでカンナ削りをして 彫刻(笑)してみました。
ちょっと大げさっぽいけど、まあやっちまったもんはしゃんめえ。


apple02.jpg

つづく

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

補助動翼のたぐい

 バヤヲ監督の「紅の豚」では単純なエルロンにトリムタブをつけて、過激な癖が出やすいS-21の特性を弱める、という設定がありましたね。
 SAABドラケンでも結構、エレボンや何やらの操作にはもの凄い繊細さが要求され、下手すると機首を後ろにして飛べちゃう、とんでもないストール状態があり得たとか。
 そうしてみると、超音速旅客機でデルタ翼、ってのも、問題だらけなのかも、です。

bad.Ⅳh-95 | URL | 2012年02月11日(Sat)09:11 [EDIT]


エルロンと同じことですか?エレボン…調べてみます(+_+) 鉄製って、時代を感じますね~

MACK | URL | 2012年02月12日(Sun)00:35 [EDIT]


>bad.IVh-95さま
ふーむデルタ翼って安定してるようで難しいんですね。
そう言われてみると、台風の中とか乗りたくねえww

>MACKさま
エレベータ兼エルロンでエレボンと。
じゃあエルロンって何だよって話もありますが。

appletree | URL | 2012年02月14日(Tue)23:51 [EDIT]


wikiってください

エルロン…左右の主翼に捩り上げ、捩り下げを与える補助翼。
捩りを与えないと、方向舵を転向しただけでは横滑りするだけで、旋回できないので、エルロンを適度に動かして旋回させます。
エレベーター…日本語では昇降機と訳されますが、上昇、下降に関わる舵。コイツは動かして、エンジンの回転数を適切に設定してやれば昇ったり、降りたり出来ます。

bad.Ⅳh-95 | URL | 2012年02月15日(Wed)20:39 [EDIT]