林檎林

作りたい物を作りたいように作るさ~

コンコルド(16)主翼のへん

もっと小さい飛行機ならば主要パーツを組み上げてから表面処理するんですが、
なんせブツがデカ過ぎるんで、パーツ状態でできることはしておこうと思いました。
んで、主翼です。(´ー`)



IMGP4451nn.jpg

内側全体をブラックで塗りました。
こうすることで、なんとなく全体に重みが出て 締まる 感じがするのと、
そうです、翼端灯を電飾してやろうと思ったからです。

IMGP4457nn.jpgIMGP4466nn.jpg

所定の位置にV字の切り込みを入れ、ファイバーは0.25mmのを3本づつにしました。
V字の切り込みに3本のファイバーが上手く納まるんじゃないかと。
で、黒い瞬着で固めて削ってとりあえず完了。光源は尾灯のLEDを兼用にします。
仕上げは透明瞬着を盛りつけてクリアレッドとクリアブルーで着色ですかね。

ところで、翼端灯は赤と青なんですが、どっちがどっちだか覚えてますか?
ぼくは先日2ちゃんねるの某スレを読んで、やっと覚え方を知りました。
曰く、左翼はアカ。もう絶対忘れません。(´∀`)
2ちゃんねるでもたまには実用的な知識が得られるもんですね。

IMGP4471nn.jpg

そしてサフがけしてアラ探し&レタッチの日々です。
サフは、面積が大きいし寒くて長時間のエアブラシがイヤだったんで、
ほとんど使ったことのない カンスプレー でやってみました。
いやあ早い早い。あっと言う間にこってり塗れて準備と片付けも不要。
これなら本塗装もカンスプレーでやってみようかしら、と思いました。


apple02.jpg

つづく


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

舷灯

旧清水市にあるフェルケール博物館で見たところでは、
「舷灯は右舷が緑灯、なのでみぎてがみどり、と覚えて下さい。」
という説明板がありました。
何でも好いですが、こっちの方がスマートかも、です。
>青と緑
日本語では「青信号」と言いますが、英語とかではG灯です。
これは日本語の概念の中で、かなり波長が伸びた、緑に近い色まで「青」と認識する習慣から来ている、ようです。
言語のスペクトラムというそうで、大学の一般教養で習いました。
なので、「青灯」も「緑灯」も正しいので、それが右舷灯であることを間違えなければよいのです。

bad.Ⅳh-95 | URL | 2012年02月06日(Mon)23:38 [EDIT]


サフは缶で、、、いいですよね、、、
エアブラシでやるのは主にお値段。。。^_^;
缶サフ切らしてるから1本買っとこ!
翼端灯、ファイバー3本というのがさすがの判断ですね!!

mack | URL | 2012年02月07日(Tue)00:24 [EDIT]


>bad.IVh-95さま
「みぎてがみどり」確かに良い子への説明はそれが良さそうですね。
電球が光源だと、カバーがブルーでもビミョーにグリーンですね。

>mackさま
そうかー実はカンスプレーって贅沢品だったんだ。1本¥630。う~ん。
コンプレッサーは高いけど、元は取ってると言えるかな?

appletree | URL | 2012年02月08日(Wed)23:47 [EDIT]