林檎林

作りたい物を作りたいように作るさ~

スペースランチ(21)尾翼のへん

先日fgを見てたら、「脱出」のシーンを模型化してる人を発見してしまいました。
つまりスペースランチをフルスクラッチしてらっしゃいます。
スケールは先日発売のコアファイターに合わせて1/35。手が早いなあ。(´ー`)



ぼくのスペースランチは、相変わらずのスピードで、尾翼の小パーツを建造中です。

IMGP2977nn.jpgIMGP3634nn.jpg

尾翼の支持棒の構造をどうしようかさんざん悩んだんですが、
1mmシンチュウ棒を芯にして、プラパイプでカバーする構造にしました。
プラ材を直接接着するためには、タンク側と尾翼側との接点の角度が微妙で、
そのための設計がぼくにはムリ目だったのです。
ここをシンチュウで作っておけば、とりあえず取り付けておいて
後でグイッと曲げるという 安易な方法 が取れるのです。

IMGP3629nn.jpg

ピンバイスで穴を開け、尾翼に差し込むとこんな感じ。
だいたい角度が合ったみたいなんでとりあえず現状はヨシとします。


それから、尾翼の上に付いてる円盤。アニメ絵では単なる円盤に描かれてますが、
アポロ月着陸船の脚みたいにお皿型にしてみようと思いました。

IMGP3598nn.jpg

燃料タンクを作った時に買ったミニガチャポンカプセルがちょうど1個余ってました。
これをリューターで切り出し、お皿状に整形していきました。
材料をムダにしないで使い切るって、ビンボー症なぼくには 快感 です。

IMGP3645nn.jpg

お皿の底は平らに整形しました。全く目分量な割には上手く削れたわい。(´∀`)
下のスキーはプラ板をライターでじわじわ炙ってグイッと曲げて制作。
ホントはここで「組み上げるとこんな感じ」って見せたいところですが、
タンクや尾翼を塗装まで済ませ、それを組み上げてからじゃないと取り付けられません。
つまりは一発勝負です。


apple003.jpg

つづく


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

お皿と円盤と

 鉄道車両の原則の一つに「右手で握手」と言うのがあります。連結器はそれぞれ右手を差し出すようにして連結されるんですが、欧州のリンク・フックカプラーに特有な左右のバッファー、あれも車両側から見て右は緩い球面形で、左は平板な円盤だったりします。
なんで、垂直安定板の球面形の部材からこういう話を思い出すのかは、よく分かりませんが、支柱はプラ板が無駄になりますが、中抜きした三角形状の部材を組み合わせる、というのはどうでしょう?
平板的になりそうですが、或る程度面取りして丸棒状に見せる、と言うのも鉄道模型の技法には好くありますが…

bad.Ⅳh-95 | URL | 2011年09月05日(Mon)22:15 [EDIT]


良い感じですね~一発勝負、、勝利を祈ってます!!

MACK | URL | 2011年09月05日(Mon)23:36 [EDIT]


>bad.IVh-95さま
尾翼支持棒の構造は、あらゆる方法を脳内シミュレーション済みです。(´∀`)
お皿は、列車のバンパー(?)部分じゃないですか?

>MACKさま
ありがとうございます。なんとか形になりそうです。

appletree | URL | 2011年09月10日(Sat)23:08 [EDIT]