林檎林

作りたい物を作りたいように作るさ~

スカイレイ(12)キャノピーふたたび

さて全体の塗装がだいたい終わったので、
長い事マスキングしたままだったキャノピーを見てみたくなりました。

前半部分の窓枠はマアマア上手く抜けているようです。レタッチは必要ですが。
ここはボンネット(?)の防眩塗装のため再度マスキングすることになります。
それは良かったのですが・・・




IMGP2906nn.jpg

ぼ、ぼくはアホだお・・・(´Д`;)
説明書見直して気付きました。
こんな所に窓ねぇじゃんwww
なんかカド丸四角のスジ彫りがあるんで騙されてました。普通間違えんよな~

IMGP2921nn.jpg

筆塗りでここだけ塗るってわけにもいかないので、エアブラシでやり直しです。
ブラック、上面色、上面色のシャドウと、デジャヴのような作業。
こんなこともあろうかと シャドウ色捨てないで取っておいて良かった。
凡ミスの多いぼくは、調色した塗料は完成するまで取っておくようにしてるのです。
どうですエラいでしょ、って、一発で決めろよな~全く。(´Д`)


そんな苦笑い的な思い出作りもありつつ、塗装関係はおおむね完了しました。ヽ(´▽`)ノ

IMGP2933_S.jpg
拡大
主翼上のウォークウェイ、機首の防眩塗装、エンジンノズルのガンメタルなどです。
ウォークウェイはシャドウも入れてみましたが、ちょっとキレイ過ぎたかもしれません。
勇気出してハゲチョロやってみるか?いやそれやったら後戻り出来ないしなあと迷い中。

実は、もう一つ大きな失敗をしてるのですが、まだ解決してないんでこの話は後日。
たかが素組みのジェット機1機にどんだけ時間かけとんねん。
と思う今日このごろ。


apple003.jpg

つづく

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こうして見るとジェット機というのもイイもんですなぁ。
スカイレイはデルタ翼でも角ばったいかにも三角といった形じゃないところがいいですね。

ぴぃ | URL | 2011年04月03日(Sun)23:53 [EDIT]


キャノピー繋がり?

 ドラケンだと、初期型のA・Bと違って、量産型のD以降ではキャノピーの後ろ寄りに窓が増設されてますね。確か…

bad.Ⅳh-95 | URL | 2011年04月04日(Mon)20:03 [EDIT]


>ぴぃさま
この時代のジェット機はデザインをいろいろ試行錯誤してて面白いですね。
作ってみたいのいっぱいあるんですが、手がなかなか付いていかなくてですね。

>bad.IVh-95さま
好き勝手に作っていいなら天窓ぜったいにアリでしたね。
この位置に窓があっても実用上はムダっぽいですが。

appletree | URL | 2011年04月04日(Mon)23:38 [EDIT]


確か…

 ドラケンの場合、後方の確認がしやすいように、と言うことらしいですけど。
 どっちみち、デルタ翼の航空機は着陸時に迎え角を大きく取らないといけないので、視界を広く取れるようにした方が良いのかも知れませんが。
 なお、C型は練習機としてのタンデムコクピットなので、離着陸の大迎え角時に備えて後席には前方確認用のペリスコープが付いていたりするそうです。

 そういえば、SR-71ブラックバードのような超成層圏を航行する航空機の中には、星を見ながら飛べるように天測航法用に天窓があったそうですし、立て続けに空中分解を起こしたコメットことDH-106は機体背中部にあったADFアンテナ取付窓の縁から破壊が進んだそうですし。

bad.Ⅳh-95 | URL | 2011年04月05日(Tue)20:55 [EDIT]


>bad.IVh-95さま
まあ現代の戦闘機がことごとくバブルキャノピーになってることを考えると、
後の視界もあるに越したことはないんでしょうね。
ぼくが間違って窓を増設しそうになったのもしょうがないです、
などと自己弁護したりして(´∀`;)

appletree | URL | 2011年04月07日(Thu)23:44 [EDIT]