林檎林

作りたい物を作りたいように作るさ~

TB基地(42)2号発射台、完成~

2号発射台を組立てました。(´ー`)

地下の可動バーに空けた穴にヤシの木を差し込んで接着します。
そして発射台を取り付け、ギアボックスも所定の位置に取り付けました。
これでやっと、このキットのセールスポイントである電動メカが完成です。ヽ(´▽`)ノ




ヤシの並木に囲まれた静かなテニスコート。
これが国際救助隊の誇る2号の発射台とは、お釈迦様でも気がつくめぇ。

IMGP1950n.jpg

でも、本キットの電動メカはあんまりキッチリした作りじゃありません。
いかにも昔のオモチャらしい、遊びが必要以上にとられたゆるーい作り。
ヤシの木が倒れるのも、モーターで動かすというより重力で動くのです。
ではテストしてみましょう。

IMGP1966n.jpg
IMGP1963n.jpg

モーターのスイッチオン!ギロギロギロギロ ってすごい音です。
そしてヤシの木が倒れ、発射台が上がりきった次の瞬間、
バネの力でバチーンと元の位置に戻ります。
しょ、正直カッコ悪い ぞ。(´∀`;)
本編映像の、しずしずと動く重量感巨大感を期待してたのに。
BGMは国際救助隊マーチにしようと思ってたのに。(;_;)

これを解消するには、可動メカの再設計やギアボックスの自作が必要です。
おまけにそれを制御するためのIC回路を作る方すらいらっしゃいます。
ははは、そんなの無理無理無理無理カタツムリ。

いや、これは動かして遊ぶオモチャじゃないんだも~ん。
あくまでディスプレーモデルなんだも~ん。
とかなんとか開き直ったりして。


apple003.jpg

つづく

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

コートにかける青春!!

このテニスコート発射台が、世界に唯一無二の、林檎林さんのサンダーバード秘密基地の記号ですね。
なんというか、すごいです。他の追随を許さぬ、「作りたいように作るさ」独創マインド。
リスペクトいたしまする。

Roma | URL | 2010年10月07日(Thu)13:13 [EDIT]


ゆっくりしていってね

TB1号もTB2号も、発進シーンはのんびりしているようだけど、
あれだけ複雑なシークエンスを経ながらも、3分かかっていない点、
通常の防空部隊がスクランブルに要する時間の半分くらいなので、
ものすごく洗練されている、とも言えるわけで。
椰子の木の動きは、まあ、ご愛敬と言うことで。
でも、あれが緊急消火設備になっているってのも、よく考えられてる気がします。

| URL | 2010年10月07日(Thu)17:36 [EDIT]


問題発見

 テニスコートにはネットを支えるポストがたっているわけで、
スクランブルがかかったら、ポストは地下に収納されるのでしょうか。
その際、ネットはどこに片付けるのでしょうか…。

| URL | 2010年10月07日(Thu)22:06 [EDIT]


なるほど。気付かなかった…。

その際は、やっぱりヤシの木の如く、ネットごとポールも、パタンって倒れるのがいいかと。
2号は、公式設定でもコンテナ下面の、細長いローラーで地上を移動するんでしたっけ?
だと、パタン式はダメですね。
ネットがなければ、2号発進のたびにコートの整地に最適なんですが。
そうだな、最後はネットごと垂直にコート下に潜る、これしかないですね。

Roma | URL | 2010年10月08日(Fri)03:41 [EDIT]


テニスコートは、ぼくが思うに、偽装のためであって、
テニスコートとしてはあんまり使われないんじゃないでしょうか?
(自分で設定しといて変な言い草ですが (´ー`))
なので、使いたい時は物置から支柱とネットを出して来て自分で張ると。
まあブレインズさんがちゃめっけ出して自動化しちゃうかもしれませんが。


>名無しさま
なるほど、スクランブル発進としては超スピードなんですね。
それにしても、キットの発進メカは今の目ではだいぶ残念な設計です。
これの完全再現はどなたか後進の方におまかせしましょう。

appletree | URL | 2010年10月08日(Fri)23:41 [EDIT]