林檎林

作りたい物を作りたいように作るさ~

カワニシ(18)アンビリカル・ケーブル

内蔵電池だけでプロペラを回すとぜんぜん持続時間がありません。
なのでACアダプターを繋げるようにしてみました。(´∀` )




電源の接点は、本体の電池ボックスを利用します。
苦肉の策ではありますが。

IMGP0640n.jpgIMGP0643n.jpg

ボタン電池の直径は10mm、厚みは2.5mmなので、
1mmプラ板をそのサイズに切り出し、銅板を貼付けます。
これを表と裏で90°回して接着すれば+-が絶縁されるって寸法です。

IMGP0646n.jpgIMGP0649n.jpg

銅板にリード線をハンダ付けし、エントリー・プラグ を制作。
電池ボックスに 挿入 すれば、電気がビビッと流れるのです。
もちろん取り外すこともできて、電池を入れれば単独でも動かせます。
つまり、2電源方式が達成できたっちゅうことですわハッハッハ。(・∀・)



IMGP0706n.jpg

展示ベースに穴を開けて接続しました。裏側で電気回路(笑)と繋がってます。

IMGP0709n.jpg

てことで、こんな感じになりました。意外にスッキリまとまったような。ヽ(´▽`)ノ
黙ってれば、何か意味のあるケーブル(碇とか)に
勘違いしてもらえる かもしれません。


apple003.jpg

次回で完成


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちわ

水面の作り方、とっても参考になりました。
自分のもどうしようか考えていたところだったので
早速、真似させてください。

完成楽しみですね。

キャノピー | URL | 2010年03月18日(Thu)00:24 [EDIT]


おーー、ブログ観ました!
こりゃまたぼく好みの機体が。(・∀・)

水表現は、本文に書きました通り大部分ウケウリですw
でもお役に立ったなら書いた価値ありました。

appletree | URL | 2010年03月18日(Thu)22:40 [EDIT]