林檎林

作りたい物を作りたいように作るさ~

TSR-2(21)できた~

いつもお越しいただきありがとうございます。
また「拍手」を押して下さった方、今回の制作にもたいへん励みになりました。
いつもながらムダに時間を食った気もしますが完成画像です。ドゾー( ´ ▽ ` )ノ



IMGP9615.jpg
拡大
塗装とデカールが仕上がった上から、半ツヤクリアーでコーティングしました。
快晴だけど 木枯らし の吹くベランダで、けっこうしつこく5回ぐらい吹き重ね。
たぶん1時間ぐらい吹いてたと思います。
インフルの流行で調達したマスクが大いに役立ちました。(´ー`)

で、柚子肌になってる表面を1000番のペーパーで軽く削り、
デカールの段差をそれなりになじませていきました。
でも、やっぱり普通のラッカーの厚みじゃ段差は消えきりませんね。
次の機会はウレタンクリアーでやってみようかしらん?

最後に半ツヤクリアーとツヤ消しクリアーを半々に混ぜたもの、
つまり「スリークオーター・ツヤ消しクリア」で仕上げのコートをして塗装完了です。

IMGP9624.jpg
拡大
で、脚、脚カバー、小さな突起類、ピトー管を取り付けました。
最後の最後に発覚したのが、主脚タイヤ取り付け部分のヤワさです。
プラの弾力があるので、真っ直ぐ取り付けるとタイヤがハの字になってしまうのです。
しょうがないんで、じゃっかん逆ハの字に接着した後、
ピンバイスで穴を開け0.6mmピアノ線で補強しておきました。

IMGP9609.jpg

以上、全ての工作が完了です。ヽ(´▽`)ノ



IMGP9621.jpg
拡大
お恥ずかしい話ですが、後の祭りの反省点を2点記しときマス。
まず、デカールのエッジ(ニスと言うらしい)を切り取る作業をサボってました。
ちゃんとコーティングすれば目立たなくなるんじゃね?と考えたのが甘かった。
光の角度によっては 身もだえ するくらい目だってます。あーあー。

塗装前に接着したキャノピーには、内部にホコリがいっぱい付着しちゃいました。
もうどうやっても取れません。
ボディラインとの間に段差とスキマが激しかったので先にくっつけてラインを削り出す
必要があったのですが、いろいろ作業した削り粉が内部から進入してたのです。
やっぱりキャノピーは最後まで仮止めにしとくべきだったなあ。(´д`)

IMGP9618.jpg
拡大

11月の終わりごろにまた2MCがあるんで、近日中に再度撮影予定。
てことで、多々反省を残しつつもTSR-2の制作はいちおう完了です。


apple02.jpg

再撮したら最終回


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する