林檎林

作りたい物を作りたいように作るさ~

ジェットビートル(2)

コクピット、というかインテリアは、
後で開けて見ることができる仕組みなので、
いろいろやってみました。


まずスペースが広すぎるかと。
6人乗ってもまだガラガラ。
家と同じで坪数が広いに越したことはないんですけどね。(´ー`)

IMGP3929.jpg

んで、隔壁を1m分ほど前進。
これによりリビングの後ろに大きな収納スペースが生まれ、
季節はずれの衣類やキャンプ用品など、
普段使わない物の収納に大活躍です。(´∀`)


シートはとても座り心地が悪そうだったので、
60年代らしくイームズ風の革張りシートにしました。
それからサードシートは、前席から離れすぎと思ったので前方に移動。
これならフジ隊員もコミュニケーションに困らないでしょう(´∀`)

IMGP4087.jpg


クッションは薄く延ばしたエポパテにサランラップを密着させ、
出来たふくらみとシワを移しとって作ってみました。
実際に使ったのは小さ過ぎて写真が撮りにくかったので、
説明用に2倍ぐらいのサイズで作ってみました。

IMGP4042.jpg

クッションサイズのプラ板の上にエポパテを薄く延ばします。

IMGP4043.jpg

全体を水でびちゃびちゃに濡らし、
サランラップをかぶせます。

IMGP4044.jpg

四方から押さえ、シワを作り、
さらにボールペンの先で留め具の部分を作ります。

IMGP4045.jpg

そーっとラップをはがし、硬化させ、周りを成形して完成です。
このころは複製をとる技が無かったので、
愚直にクッションの数だけ作りました。( ´ー`)



さて、
インパネは、現代とは違ってディスプレーやレーダーの類がありません。
レバーやスイッチもモールドが平面的なので、
プラ板や延ばしランナーでディテールを作りました。

IMGP3930.jpg


星野くんが退屈しないように
大型ディスプレー付きのコンピュータコンソールも増設しました。

IMGP4089.jpg


ついでに、センターテーブルはイサムノグチです。

apple003.jpg


つづく
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する