林檎林

作りたい物を作りたいように作るさ~

コニー(2)電飾やってみた

せっかく内装を作ったのに中が暗いとよく見えないので、電飾をしてみました。
旅客機に電飾するのは 変わってていい かもと思ったのです。(´∀`)




IMGP6810.jpg

客室の天井に照明ユニットを作りました。合計5個の電球色LEDです。
ユニットの裏は光が回るようにシルバーに塗りました。
なんだか旧式の蛍光灯の傘みたいです。

IMGP6809.jpg

コクピットのメーターの位置にも1個仕込んでパイロットさんの顔を照らします。
コクピット用は白色LEDです。

IMGP6822.jpg

テストで点灯するとこんな感じ。
搭乗口には「玄関」をそれなりーに作ったのですが、
客室からの光が漏れて予想外にイイ感じです。(・∀・)

                * * *

ところでウィンドウのクリアーパーツなんですが、
ボディへのフィットは意外に良かったのですが、やはり歪みがしっかりあります。

IMGP6837.jpg

なのでペーパーとコンパウンドでできるだけ平滑にしてやりました。

IMGP6840.jpg

これでだいぶ厚みが減ってしまったので、ボディ側もガシガシ削って
なんとかツライチ(に近く)してやりました。

後から塗装したとき思ったのですが、こういう場合は、
きもーちウィンドウが沈んでたほうがマスキングがきれいに剥がせるようです。
まあ、正確にやるのはぼくにはムズカシイのですが・・・

IMGP6983.jpg

ウィンドウを接着し、周囲を黒く塗って遮光したあと、
室内色のライトグレーを塗りました。


ちゅーことで、ようやく左右ボディを張り合わせました。
もう故障しても手が出せないんで、まだ剥がせるうちに点灯試験してみました。

IMGP6989.jpg
IMGP6987_2.jpg

・・・どうやら無事点灯できました。(´。`)ホッ
中の様子も チラ見え て、ほぼほぼ狙い通りじゃありませんか。
実はここまでの工作中、接続ミスでLEDをいくつもあぼ~んさせていたのです。
このまま故障しないでくれよと祈りつつ、ボディの接着乾燥を待ちました。


慣れない電気工作で、ここまで2ヶ月。

apple003.jpg

つづく


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する