林檎林

作りたい物を作りたいように作るさ~

コニー(1)内装作ってみた

コニーの制作記はムダに長くなりすぎちゃいました。
奇しくも52回で完結という、まるで大河ドラマ。
後でサクっと読めるように総集編を作っておきます。

ムダに長い制作記をお読みになりたい方は、
コニー制作記(前編) コニー制作記(後編) をご覧ください。

apple02.jpg





IMGP6672_S.jpg

ロッキード・コンステレーションは、
1943年に原型が初飛行した4発レシプロエンジン旅客機。
愛称は「コニー」。美しいボディラインで「空の貴婦人」とも呼ばれております。
今回制作したのは、1950年より就航した、ロングボディ、とんがり鼻、
翼端タンク付きのL-1049スーパー・コンステレーションです。

IMGP6675.jpg

細かい所はおいといて、ボディのプロポーションはいい感じ。
でも、とりあえずパネルラインは全部凹に彫り直しです。

このキットは、旅客機としてはビッグスケールといえる1/72です。
加えて、コニーは現代の旅客機に比べて客室のウィンドウがはるかに大きいので、
客室の内装らしきもの を作ってみようと思いました。

IMGP6719.jpg

まずガランドウだったボディに、プラ板で床を張り、隔壁も設けました。

IMGP6713.jpg プラ板でシートの原型を作り

IMGP6714.jpg シリコーンで型を取り

IMGP6716.jpg 6個複製が出来て

IMGP6715.jpg それを原型にして型を取り

IMGP6717.jpg

とりあえす合計90席できました。ヽ(´▽`)ノ
資料によれば、このL-1049の客席配置は、

1 オールエコノミークラス 最大102席

2 オールファーストクラス 66~71席

3 ファーストクラス55席+寝台席8

という組み合わせが用意されていたようです。
今回、原型を微妙に大きく作りすぎたので、
リッチに2のオールファーストクラスにしようかと思います。
配置図が入手できてないのであんまり正確には出来ないけど。

いちおうパーツが揃ってきたので、嬉しくなって並べてみました。 ムフー(´ー`)y-~~

IMGP6720.jpg


さて、せっかく客室を作ったので、お客さんも乗せてみようと思いました。
用意したのは、前からもっているものと合わせ、プレイザーの1/72フィギアを4箱。

IMGP6817.jpg

シートは明るめのブルーにすることにしました。
そして旅客機のシートに欠かせないものといえば、白いシートカバー。(´∀`)
ぐっと旅客機気分が出て来ます。

当時、コニーに乗って海外旅行に行こうってんだから、乗客はセレブばっかりのはず。
しかし作ったフィギアはこんな感じ↓。

IMGP6825.jpg

完成するとほぼ見えなくなっちゃうんで、軍人さんフィギアもおおいに活用します。
たぶん、「戦闘の合間にカードでくつろぐ軍人さん」というシチュエーションのジオラマを作る機会は、
ぼくには一生無い でしょう。

IMGP6828.jpg

パイロットとスチュワーデスさんはこんな感じです。
スチュワーデスさんは搭乗口に立ってもらおうと思ってるので、
頭部を交換したりホルダー持たせたり、塗装もちょっぴり丁寧にしてます。

で、塗装を済ませたフィギアたちを機内に配置してみました。
下半身がないのはここだけの話。
設定は一応、出発前のお客さんの搭乗時間です。

IMGP6826.jpg

なんだか軍人さんの休暇旅行みたい?
それにしては飛行機がゴージャスすぎでしょうか?
反対に女性のみなさんはホットパンツで露出多めですね。
ハリウッドからの慰問団でしょうか?(´∀`)


apple003.jpg

つづく


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する