林檎林

作りたい物を作りたいように作るさ~

手漕ぎボート

で、ろうがんず杯には間に合わなかったけど、
自分的にやり残し感がありましてオマケ工作を続けてます。
ニギヤカシにボートを浮かべてみたかったのです。(´ー`)

でも、手漕ぎボートの1/72キットって、存在するんでしょうか?
艦船モデルの付属品としては1/72なんていうスケールはありえないし、
飛行機モデルの付属品としては水上機のジオラマぐらいしか出番がないでしょう。
つまりそれって、まさしく 今回のケース です。


IMGP2923ll.jpg

無いものは作るしかないんで、タミヤの「日本艦 艦載艇セット1/350」より、
「17m内火艇」をベースにして作ることにしました。
実測48mmなんで、1/72だとすると全長3.5mと丁度いい感じです。

IMGP2926ll.jpg

船底をウォーターラインで削り取り、開いた大穴をプラ板で塞ぎました。
それから2mm幅のプラ板で側面を高くし、座る板などを加えました。
フィギアはプレイザーの「しゃがんで工具を探す作業員さん」を、
超ガニ股だったのをボートに入るようポーズ調整しました。

IMGP2929ll.jpg

色は、ネットで見かけたヨーロッパのどこかの湖で使われてる
茶色ニス塗りのやつがステキだったので参考にしました。
Mrカラーのダークイエローの上に茶色のクリアー、ちょっぴりスミ入れ。

舟の形にジェルメディウムのさざ波を削り取り、海面へ接着しました。
いちおう、舟の周りのゆらぎをジェルメディウムで追加してみました。
手漕ぎボートはスピードが出ないんで、航跡らしい航跡はあまり出ないんですね。
舟とオールそれぞれに同心円状のさざ波が出るようです。

ろうがんず杯には「なんとか見れる状態」にするのが精一杯で、
何と言うか 象徴的 な港の情景で、
それはそれでおかしくはないんだけど、面白さは不十分でした。
今さらだけど、ボートを加えてちょっぴり向上したかな?

apple02.jpg

つづく


スポンサーサイト

PageTop