林檎林

作りたい物を作りたいように作るさ~

完成です〜

あとは、小パーツ、デカール、細部の塗装をして完成です。ヽ(´▽`)ノ


IMGP3726ll_S.jpg
拡大
今や日本の道路を席巻したプリウスのボディをぶった切り、
カッコいいスーパーカーを作れないか、ってテーマです。
カーモデルは慣れないんでアラがいっぱいですが、なんとか形になりました。
ちなみにノーマルのプリウスはこんな形です。
prius_2_S.jpg

車高を20cm縮めるという現実にありえない大改造のつもりだったんですが、
意外にフツーな、言われなきゃ分かんない 見た目になりました。
もっとランボルギーニを目指すなら、フェンダー周りを完全に作り直し、
グラスエリアも切って縮める必要がありそうです。

IMGP3709ll_S.jpg
拡大
リアも4つ目の窓をつぶしてみたりしましたが、そうイメージは変わりません。
ナンバープレートは某「未来のクルマ」をパクってバーコードにしてみました。
ちなみにバーコードは、ネット上のサービスを利用してオリジナルを作ってます。

IMGP3713ll_S.jpg
拡大
手元にあった1/24フィギアと並べてみました。
こうして見るとなかなかイイ感じの低さに見えますが、おじさんは推定180cm以上、
ガイジンとはいえなかなかデカイ人なのでありました。(´∀`)

IMGP3718ll_S.jpg
拡大
ついでに、たまたま手元にあった1/24のBMW 320iと並べてみました。
20年前のクルマとはいえ、だいぶ小さく見えます。
あと、フロントウインドウの寝方がぜんぜん違いますね。
この、ボンネットとフロントウインドウの傾斜が一致してるところは、
さすが21世紀のクルマって感じです。
今回の素材にプリウスを選んだのはこれが大きな理由なのでした。

てことで、シャコタンプリウス、
ちょっとというかだいぶ尻すぼみ感を残しながら制作完了でございます。
やっぱりシド・ミードのスケッチに近付くのは、プラモと言えども
ハンパないっすね。

apple02.jpg

シャコタンプリウス制作記 完


スポンサーサイト

PageTop