林檎林

作りたい物を作りたいように作るさ~

コンコルド(14)電飾の組み込み

胴体や機首なんかのエクステリアの整形を終え、
いよいよ胴体の中に照明を組み込んでいきました。ヽ(´ー`)ノ



IMGP4379nn.jpg

内部はまずブラックを塗り、そしてグレーサフを塗りました。
本当のインテリアカラーはライトグレーなんですが、まあサフのまんまでいいかと。

IMGP4385nn.jpg

んで、コクピットのほうから並列つなぎにハンダ付けしていきました。
そして前脚のはまる部分をつなぎ、床板と前脚収納庫も組み込みました。
やっぱりボトルシップ制作みたいな作業になっちゃいましたが、想定のうちです。
ここで機首を接着し、これでコクピットは永久に閉じられました。(´ー`)

IMGP4388nn.jpg

床板を貼る前に点灯試験です。
パッと点いて、そしてスゥーっと消えました。そして沈黙。
・・・・え?!壊れた?!LED逝ったの?!!!!(´Д`;)
何か接続を間違えた?!それとも回路設計そのものがダメだった?!(´Д`;)

ああ、というわけで、ここまで積み上げてきたものが全て終わりました。
接着剥がしてやり直すか、電飾中止か、それともコンコルド制作中止か?
いっそ模型自体やめちゃうか?それをブログで何て報告するか?
いろんなことが走馬灯のように頭ん中をぐるぐると・・・orz


お?、よく見たら、ACアダプターがコンセントに挿さってないじゃん。
ACアダプターは少々ですが電気を貯める性質があるのです。
つまりぼくは、ACアダプターに貯まってた電気で点灯試験をしてたのです。
やり直してみたら、ちゃんと点くじゃないですか。(´。`)
まったくムダな 心理ジェットコースター を味わっちゃったよ。


てことで、電飾完了しました。ヽ(´▽`)ノ

IMGP4403_S.jpg

なんだか21世紀の未来都市で透明チューブの中を走ってる列車みたいです。
そう、夢の超音速特急コンコルド号 だ!
♪じそ~く2せ~ん500キロ~、飛んでくよーだな走~る!


apple02.jpg

つづく


スポンサーサイト

PageTop