林檎林

作りたい物を作りたいように作るさ~

ガミラス艦着工!

ゴールデンウイーク、我が家は全員半径10km以上出かけませんでした。
いくら不景気といってもちょっとあんまりだったかも・・・

さて、デスラー艦の完成で総統からお褒めの言葉をいただいたので、
この勢いでもう一隻、総統に捧げよう と思いました。



てことで、メカコレの「ガミラス艦」です。

IMGP7951_L.jpg

「宇宙戦艦ヤマト」の第一話から登場する宇宙戦艦ですね。
沖田艦隊の撃つビームを易々と跳ね飛ばしてました。
「駆逐艦」とか「デストロイヤー」とか呼ばれることもあるようです。


IMGP7954.jpg

キットはこんな状態です。全長約12cm。

メカコレは安いからつい買っちゃうんだけど、
作るとなるといろいろ手を入れたくなって、
小さいくせに時間を食うという、積みプラ界の魔のトラップ
あなたの棚にも一つぐらいあるんじゃないでしょうか?


で、今回やってみたいことです。

1 艦首の目玉はメクラ状態なので穴あけ

2 目玉の電飾、ロケットノズルの電飾

3 プロポーションの変更


特にプロポーションは、劇中の印象のように、キットよりもっと太く頭でっかちで、
イカのようなアノマロカリスのようなイメージにしたいもんです。
で、フォトショップで写真を加工し、簡易にイメージを作ってみました。


IMGP7948.jpgIMGP7948_kai.jpg

左がキットのプロポーション。
これを右のような感じに持って行きたいなあと考えてます。
完成目標、次回2MC。(5月26日締切)


それにしても、フォトショップでぐいっと加工する労力で、
立体物が作れるようにならんもんですかね?


ringorin_cut_5_s.jpg

つづく



スポンサーサイト

PageTop

ガミラス艦(2)目玉とか

さて、ガミラス艦の「目玉」って何なんでしょう?
船体に比べてすごくデカいし、また内部から光が漏れているようです。

仮説1 ヘッドライト?(いやさすがにそれはなくない?)

仮説2 武器のたぐい?(使われた場面みたことないぞ)

仮説3 センサーのたぐい?(まさしく「目玉」だな)

仮説4 エアインテーク?(宇宙空間で?)

仮説5 星間物質インテーク?(目に見えないラムスクープ・フィールドを展開?)

仮説6 放熱装置?(前に向いてる必要あるか?)

プラモ制作は、手は動かすけど頭がヒマなもんで、
こんなふうに 一人脳内ディスカッション してたり。(´ー`)




てことで、改修ポイントその1、目玉の加工にかかりました。

IMGP7970.jpg

Black & Decker の日曜大工用ドリルで一瞬で穴を開けです。
やっぱ電動工具はラクだわー。
あとはヤスリでちまちま整形。
で、これだけだと目玉の内側のカベが途中で途切れちゃうので、

IMGP7976.jpg

内側からエポパテを盛り、筆のお尻で大まかに凹ませ、硬化させました。
キットとの接触面には、あらかじめリップクリームを極少量塗ってあります。

IMGP7977.jpg

硬化したエポパテを取外し、余計な部分を削りとり、
本体の面に合わせて整形していきました。
やっぱプラ板削り出しよりラクだね~

IMGP7978.jpg

で、このパーツを嵌め戻し、とりあえずこんな感じになりましたヽ(´▽`)ノ


こんなペースでコンペに間に合うかなぁ・・・・

ringorin_cut_2.jpg

つづく

PageTop

ガミラス艦(3)目玉の中味

このところPCが不調で修理に持ち込んだPCデポでは、
店員サンが全員マスクしてました。Σ (゚Д゚;)
しかも来店したお客さんに、もれなく両手にアルコール消毒のサービス。
もう夏近いというのにどーなってんの?




まあそれはそれとして、ガミラス艦の目玉部分のつづきです。

IMGP7978.jpg

目玉の開口は、ジェットエンジンみたいに中をどこまでも開いてるとも思えないので、
途中でふさいで それなりごまかそう と思います。


IMGP8023.jpg

デスラー艦のときの経験を生かして、半透明のプラ板を作りました。
まあ、透明プラ板の裏にペーパーかけただけなんですがね。(´ー`)
それと重ねて、同じく余ってた六角メッシュを貼ります。


IMGP8025.jpg

光源の周辺には裏からシルバー塗って遮光し、
半透明プラ板と六角メッシュを瞬着で貼り付けました。
で、LEDも取り付けます。目玉用にはイエローのLEDです。


IMGP8031.jpg

点灯するとこんな感じ。
半透明カバーをなるべく均等に照らすため、
クルマの整備みたいに「光軸調整」をちまちまと・・・


IMGP8038.jpg

で、外から見るとこんな感じになりました。
やっぱ六角メッシュは 「ガミラス感」 を醸し出してくれますな。
塗装を仕上げた後にも、
外に漏れる光がうまくグラデになってくれるといいんだけど。


ringorin_cut_6_2.jpg

つづく

PageTop

ガミラス艦(4)配線

ここ数日、別件に時間をとられて進みが悪いっす。(´ー`)
電飾まわりの続きです。



IMGP8053.jpg

エンジンノズルの電飾は、電球色のLEDにしました。
ノズル基部に穴を開けスペーサーをかませて、LEDがちょこっと覗く感じで取り付け。
ノズルパーツの中央に突き出してるコーンはいったん切り取って穴を開けました。

IMGP8049.jpg

点灯するとこんな感じです。これで一応LEDの取付は全て完了。ヽ(´▽`)ノ



IMGP8063.jpg

というわけで、これが 今回の回路図(笑)です。
3個のLEDを直列でつなぎ、18mAを流すCRD(定電流ダイオード)を付けてます。
なんてことをサラっと書けるようになって、我ながら進歩したもんだ。
1年前までLEDなんて触ったこともなかったもんな。(´ー`)

IMGP8059.jpg

んで、これが 今回の電子回路(笑)です。
18mA流すと怖いぐらい明るく光ってくれます。
いちおう10分ぐらい耐久試験をしましたが、とくにケムを吹くこともなく無事でした。




これで中の構造は完成。(´ー`)y-~~
やっと組立説明書のステップ1「ボディを張り合わせます」まで来れました。

apple003.jpg

つづく




PageTop

ガミラス艦(5)メタボらせてやる

IMGP7948_S.jpg IMGP7948_kai_S.jpg

最初の構想でぜひやろうと思ってた船体のボリュームアップにかかりました。(´ー`)
(左がキット、右は写真を加工して作ったイメージスケッチです)


ガンプラではおなじみの技ですが、パーツにプラ板を挟んで接着する
「幅増し」が応用できるんじゃないかと考えました。
もちろん上の絵みたいにはいきませんが、イメージは近くなるはず。
それとなるべく頭でっかちにしたいので、普通の幅増しをちょっと改良してみました。




IMGP7973.jpg
IMGP7982.jpg

長さの違う1mmプラ板を5枚張合わせました。
そしてそれを削り出してクサビ状のプラ板を作りました。
そう、クサビ状のプラ板を挟んで幅増しをすれば、ほどよく頭でっかちになるはず。
リクツ的にはね・・・(´∀`)


IMGP8067.jpg

というわけで、クサビ幅増しガミラス艦緊縛スタイルです。
時間は前後しますが、船首のギザギザや船体の突起物はあらかじめ切取ってあります。


IMGP8064.jpg

接着を待ってる間に、主翼も外に広げました。
裏からプラ板を貼って整形です。



で・・・

IMGP7948.jpgIMGP8069.jpg

現状こんな形です。
全体のひし形フォルムが出てきたんじゃないでしょうか。計算どーり ( ̄∀ ̄ )
特に顔のあたり、バッタ顔がカエル顔になってきました。



さあ、これから整形がたいへんだぁ・・・

apple003.jpg

つづく


PageTop

ガミラス艦(6)船体の整形

第26回2MC(2ちゃんねらーモケイコンペ)が始まったです。

これにデスラー艦とガミラス艦をセットで出そうってのが
当初の目論みだったんだけど、かなり厳しくなってきました。
26日(火)がエントリー締切で、残りあと9日。
「人類滅亡の日まであと◯◯日」みたいです。




IMGP8074_A.jpg

「クサビ幅増し」でメタボらせた船体ですが、
これを何事もなかったように整形しないといけませぬ。

IMGP8076.jpg

いたるところに出来た段差に黒い瞬着を盛り付け、削っていきました。
ところが、この船首部分は、まだ楽なほうだったのです・・・(´д`)


デッキ上には、艦橋や主砲が乗る台座が凸凹と付いているのですが、
これにヤスリを当てて削っていくと
谷の部分がどうやってもナマクラになってしまうのです。

すんごく神経と時間を使ったあげく、結果はまるで 素朴な木彫り民芸品。
えーいこりゃガマンならん、やりなおしじゃあ!(`Д´)
という結論に達し、台座部分を全部削りとっちゃいました。




そいで、プラ板を貼ったのがこの状態。

IMGP8078.jpg

なんかもう、また一歩ゴールから遠ざかっちゃってます。
動物で例えれば、今度はツチノコですか。
デッキ上でテニスでもしましょうか?ははは。。・゚・(ノ∀`)・゚・


IMGP8083.jpg

んで、プラ板で台座を作り直すはめになりました。
¥300のキットに、なんでこんなに手間がかかるんでしょうか?
これがメカコレシリーズの恐ろしいところです。


apple004.jpg

つづく

PageTop

ガミラス艦(7)それなりディテール

2MCの受付期間、ライバルの皆様は続々とエントリー中。
ぼくも自己最速ペースで進めてはいるんだけど、
撮影もしなきゃいけないし、おまけに土曜は別件のイベントだし・・・

いや!
男なら、戦って、戦って、戦い抜いて、
1つでも多くのパーツをやっつけて 死ぬべきじゃないんですか!

(`・ω・´)シャキーン




と気合いをいれたところで、本体の工作です。

IMGP7951_head.jpg

ガミラス艦の特徴のひとつは艦首のギザギザです。
一説によると、ギリシャ時代みたいな「衝角戦」の装備らしいっす。

IMGP8085.jpg

幅増しのため艦首は丸ボーズになっちゃったんで、
とりあえず2mm×0.5mmのプラ板でベースを作りました。

IMGP8088.jpg

で、問題の「衝角」は、キットから切り取ってあったので(捨てないでよかった)、
曲面にフィットさせやすいように3分割し整形。
厚みをよく見ると、厚い・中間・薄い、という 洒落た構造 になってます。

IMGP8091.jpg

てことで、接着。どうにか元通りの構造に戻せたようです。
もうちょっと長くないと設定どおりじゃないんだけど、
これでもまあ、アンバランスじゃないからいいか~



IMGP8095.jpg

あと、艦橋の1F部分、エントツ(?)、艦尾のディテールなどを追加しました。
こうしてパーツがくっ付いてくると、
かすかにガミラス艦の雰囲気が出て来たような気もします。


apple003.jpg

つづく

PageTop

ガミラス艦(8)それなりディテール2

「宇宙戦艦ヤマト復活篇」のプロモビデオが発表されましたね(´ー`)
2ちゃん模型板のヤマトスレでも、目下の話題はこれについて。
ガミラス艦の途中経過を晒して勢いをつけようかと思ってたんですが、
この流れでは自重ですな・・・

余談ですが、ぼくはどうもCGで描かれたメカが、どーも波長が合わないのです。
むしろ線画アニメのほうがリアリティを感じたり。
なんか脳の切り替えの問題なんでしょうかねえ?




さて、ガミラス艦はまだあきらめずに トッカン工事 やっとります。

IMGP8106.jpg

・自作したデッキ上の構造物にそれなりにモールド彫り込み。

・船体にもリベット打ちの要領で「・・・・・」モールド。

・全体にスジ彫り


IMGP8111.jpg

・なぜかブリッジの後の面が無いのでプラ板でフタ

・ブリッジに付いてるアンテナ(なのかなぁ?)はノッペラボーなのでディテール追加

・そういえば船尾のフィンを整形の都合で切り落としてたのを思い出し、
 いらないパーツから削り出して接着。半分ぐらいの面積に縮小してます。


IMGP8110.jpg

あともうすこしスジ彫りをしたら塗装に移れるかな?
あ、スタンドも作ってねえ。



2MCの締切まで、あと4日。

apple004.jpg

つづく

PageTop

ガミラス艦(9)大詰め

ガミラス艦の制作もいよいよ最終段階。
どうやら2MCにも間に合いそうです。(´ー`)

着工が5月2日なのでトータル25日ほどで出来ました。
小さいモデルだけど、プロポーション変更と電飾までやってこの工期。
我ながらかなりのスピードです。
べ、別に 友達がいなくて プラモばっかり作ってるわけじゃないんすよ。(´∀`)




さて、残りのパーツです。
エンジンノズルは電飾仕様に改造しました。

IMGP8115.jpg

ノズルに穴を開けたとき、中央のコーンを生かして切り取ることが不可能だったので
ランナーを削りだして新規で作りました。
塩ビ板から透明リングを削り出し、これをコーンの支えにして接着します。
これでコーンの周囲からリング状に光が漏れてくれるはずです。


IMGP8118.jpg

スタンドはキット付属のベースを改造。
プラ板を貼り付けて厚みを補強した後、
1mmのシンチュウ線と、電源コードを通すための3mmパイプを差込みました。
今回もスタンド自体を塗装の持ち手にしちゃいます。(´ー`)


IMGP8121.jpg

1回目のサフを吹いたところです。当然のようにアラがいっぱい。
これをちまちま修正して・・・


IMGP8122.jpg

2回目のサフ。
小さなモールドを要所要所に彫ったりくっつけたり、
エンジンノズルも接着しちゃいました。


IMGP8125.jpg

でもって、全体にブラックを厚めに吹いて最終下地になりました。
電飾の遮光のためと、デスラー艦に引続き「黒立ち上げ」をするためです。



2MC締切まであと1日。

apple003.jpg

つづく

PageTop

ガミラス艦(10)出来ました

結論から言いましょう。

ガミラス艦完成しました~ヽ(´▽`)ノ

2MCへのエントリーも、デスラー艦とともに無事完了~ヽ(´▽`)ノ

今回はまたーり 積み滅ぼし のつもりが、
結局ギリギリ時間との戦いになっちゃいました。




それでは、完成画像です。( ´ ▽ ` )ノ ドゾー

IMGP8178.jpg
拡大
塗装はデスラー艦の経験を生かして黒立ち上げです。
使ったのはMr.カラー303「グリーンFS34102」にブラック少々、クリアブルー少々。
もうちょっと彩度があっても良かったかもしれません。

ウオッシングはエナメルのブラック。
最後に目玉の部分にシルバーを吹きました。

IMGP8172_kai.jpg

目玉の電飾は、まずまずイメージどおりにグラデになってくれました。(´。`)ホッ

この部分のスジ彫りは、時間がなくて省略しちゃいましたが、
もうちょっとダンドリをよく考えれば出来たかもしれませんね。反省。

IMGP8168_kai.jpg

エンジンノズルの電飾は直径が小さすぎて、限られたアングル以外はよく見えません。
けっこう明るく発光してるのに、予想外っす。(´д`)

IMGP8176.jpg
拡大
IMGP8142.jpg
拡大
せっかくなので畏れ多くもデスラー艦を背景にして撮ってみました。
これはイッパツ写真ですが、
そのうち写真合成で「ガミラス艦隊かつやく想像図」でも作ってみたいですね。




さーて2MCの成績はどう出るか?楽しみ楽しみ。

apple02.jpg

ガミラス艦制作記 完



PageTop