林檎林

作りたい物を作りたいように作るさ~

世界の大帆船

みなさま、たいっっへんお暑うございます。(´Д`;)
もう毎日毎日天気予報を観るのもウンザリなので、本日は趣向を変えて、
ちょっとでも爽やかになれそうな絵をご覧いただきましょう。


IMGP0278oo.jpg

ご存じの方いらっしゃいますでしょうか?
1976年、講談社刊、上田毅八郎イラスト集、「世界の大帆船」です。
プラモの箱絵の他、少年マガジンのグラビアで連載されてたんだそうです。
今のマンガ誌がビキニの女の子ばかりなのとは隔世の感ですね。
そう、これはぼくが今、カティサーク を作る遠因となった本なのであります。

当時中学生のぼくは、この本を貪るように読むだけじゃ飽き足らず、
夏休みに水彩絵の具で 模写 までするほど大好きでした。
ああイラストレーターになりたいって真剣に考えてました。
結局その夢は叶わなかったけどね・・・(遠い目)

IMGP0283oo_S.jpg
拡大
で、やっぱり当時も一番人気があったのはカティサーク だったみたいです。
大海原をイギリスからインドへ疾走する波音が聞こえてくるようです。

IMGP0288oo_S.jpg
拡大
これはアメリカ軍艦ボンホーム・リチャードとイギリス軍艦セラピスの海戦。
つまりアメリカ独立戦争(1979年)ですね。
何かイメージソースがあったのかもしれませんが、よくこんな絵を創り描けるもんです。

IMGP0266oo_S.jpg
拡大
今日みたいな気候には、こんな絵もしみじみいいですね。
昼間の蒸し暑さを残しながら暮れなずむインド洋の港町と帆船。
こんな夕暮れは、懐かしいボンベイを思い出すぜ・・・
みなさま熱中症にはくれぐれもご用心を。

apple02.jpg



スポンサーサイト

PageTop