林檎林

作りたい物を作りたいように作るさ~

エアインテーク

引き続き説明書にのっとって「内側から外側へ」進んでます。( ´ー`)


IMGP8091ll.jpg

これは 主翼中央部の上面板を内側から見たところ です。
ややこしいですが、今日の写真は全部、下が実機では上になります。
主翼の中にはしっかりした桁を入れることになってます。
エアインテークのパーツは左右でつながっていて、これも補強を兼ねています。
エアインテークの中は白、主脚収納庫はシルバーで塗っておきました。

IMGP8101ll.jpg

で、エアインテーク下側のパーツを上からかぶせ(ああややこしい)ます。
残念なことにけっこう目立つ接着線が出来るので、黒い執着で消していきました。
せっかくの白塗装が台無しです。

IMGP8106ll.jpg

そして、このキットでぼくが一番感心したのがこの組み立て方です。
エアインテーク内の5枚の整流板がこの機体のチャームポイントなんですが、
これは上からスポスポスポッと差し込む方式なのです。
レベルのキットで最大の難所と言われた部分を、見事な解決。アッパレ です。

IMGP8111ll.jpg

でもやっぱり接着線はしっかり出ちゃうんで、黒い瞬着で均していきました。
つまようじに紙やすりを巻きつけてシコシコシコシコ。
全くボトルシップ的作業、というか、気分は歯医者さんです。

IMGP8116ll.jpg

で、改めて白を塗りました、Mrカラー107番「キャラクターホワイト」です。
つまりガンダムの白なんですが、けっこう好きなんですよこの色。
機体全面をこれにするかもしれません。

IMGP8119ll.jpg

で、スポスポスポッと整流板を差し込んで、エアインテーク完成です。ヽ(´▽`)ノ
整流板は形も大きさも全部違っていて、合理的な意味があるんでしょうが、
なんかガウディっぽいような不思議な造形です。
それにしても、ニューキットにしといて良かったあ〜

apple02.jpg

つづく



スポンサーサイト

PageTop